ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

火を使わないのにまるで本物の煙 最新のアロマポット

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


アロマオイルの香りを楽しむ方法として「アロマポット」を使う方法があります。 ローソクなどの火で加熱したポットにアロマオイルを垂らしてその蒸発で楽しむ方法です。 また、お香を焚くなど方法があります。 本当に燃焼させるので本物の煙が出て効果がありそうですが火を使うので危険です。 今回、火を使わないアロマ器具を筆者が個人的にVicTsingからサンプルをもらい試してみました。


水をアロマオイルを入れて、電源を入れると、お香から出ているような煙のような「蒸気」が立ち上がりました。 蒸気の動きを観ているとまるで、本物の煙のようです。 今までも、水を入れる加湿器のようなアロマ器具がありましたが、加湿器から出ているような蒸気であり、煙とは程遠いと感じました。


使い方は加湿器のように水を入れてから、数滴のアロマオイルを垂らすだけです。 本物のアロマポットの様に火をつけたり、汚れを掃除したりする手間はありません。


何故、煙のようになるのかは明記されていませんが、 なだらかに細い、タジン鍋状の吹き出し口と、イルミネーションの配置だと考えます。 細くて高く立ち上がる蒸気に、イルミネーションの光が当たることで、「煙」のような演出を出しているのでは。

火は使いたくないが、煙のようなアロマ体験をクリーンで安全に楽しみたい人にお勧めです。

暗い写真二枚は、蒸気の状態をわかりやすくするために、直接外部光源を蒸気に当てて撮影しています。


VicTsing 公式サイト(本商品はまだ掲載なし)
http://www.victsing.com/

VicTsing 木目 アロマディフューザー 超音波式アロマ加湿器 加湿空気清浄機 ムードランプ – YouTube
http://youtu.be/ILO3PSeBbps


―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 動画解放軍) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP