ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Project Araでホットスワップのデモ、現行のプロトタイプはAndroid 5.0を搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が Google I/O 2105 カンファレンスの 2 日目にモジュール型スマートフォン「Project Ara」の最新プロトタイプを使ったモジュールのホットスワップデモを披露しました。Project Are は、端末が動作している最中でもパーツを交換することのできるホットスワップに対応しています。今回のデモではシステムが稼働中にカメラを追加した場合にどうなるかを紹介したものです。動画では、カメラが装着されていない場合はその旨を示す UI が表示されますが、そのままカメラを装着すると、再起動することもなく、カメラの映像がディスプレイに映っていました。ちなみに、同カンファレンスでは、初めて Project Ara を使ったカメラ撮影のデモが公開されたことになります。Project Ara の詳細については、別の機会に予定されているデベロッパーカンファレンスで公開されることになっていますが、動画によると、現在のプロとタイムは既に Android 5.0(Lollipop)が動作している模様です。1 時間 18 分頃に Ara の紹介が始まります。


(juggly.cn)記事関連リンク
Android Mではブラウザと電話アプリに「既定のアプリ」を設定可能
新しい「Googleフォト」アプリの変な動き
Huawei Honor 7 / Honor 7 Plusの主要スペックが伝えられる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP