ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ONE OK ROCKのドキュメンタリー映画「FOOL COOL ROCK! ONE OK ROCK DOCUMENTARY FILM」がdTVで7月1日に配信開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTT ドコモの動画配信サービス「dTV」において、7 月 1 日より現在全国アリーナツアー真っ最中で、今最も勢いのあるアーティストの 1 組と言っても過言ではない日本のロックバンド「ONE OK ROCK」のドキュメンタリー映画「FOOL COOL ROCK! ONE OK ROCK DOCUMENTARY FILM」が配信されます。以下、プレスリリースです。

この度、映像配信サービス「dTV」は、ONE OK ROCKのドキュメンタリー映画「FOOL COOL ROCK! ONE OK ROCK DOCUMENTARY FILM」を7月1日より配信致します。本作は2013年に行われたヨーロッパ・アジアを中心とした海外ツアー「“Who are you??Who are we??” TOUR」に密着したドキュメンタリー映画です。3週間という限定された上映期間に加え、観客が歌ったり、ヘッドバンキングを許可する “ラウド上映”を行い、話題となりました。また、大勢のファンが劇場を訪れ、上映期間を延長する劇場が続出致しました。メンバーのライブに対する熱い思いと、海外でも変わらない迫力あるステージ、そしてそれに応える現地のパワフルなファンなど、普段目にする事が少ない貴重な映像が収められています。また、ステージを降りた普段のメンバーの姿も見る事ができ、ONE OK ROCKを知るうえで欠かせない作品となっています。監督は、映画のみならず、国内外のアーティストのミュージックビデオを数多く手掛ける中野裕之。ONE OK ROCKのライブを見て彼らに惚れ込んだと語る監督が約100分の中に収めた軌跡は、ファンでなくとも必見の内容です。さらに、dTVはONE OK ROCKの更なる魅力と迫力のステージを体感していただくべく、現在開催中のライブツアー「ONE OK ROCK 2015 “35xxxv” JAPAN TOUR」の最終公演、7月12日のさいたまスーパーアリーナ公演のチケットを、2組4名様にプレゼント致します。本ツアーは、全国11都市22公演をまわる、バンド史上最大のアリーナ・ツアーです。その人気の高さを証明するように、チケットが完売する会場が相次ぎ、また、参加したファンからは各所に興奮冷めやらぬ声が寄せられています。近年、海外でのライブも精力的に行い、今夏には日本最大規模の野外音楽イベント「FUJI ROCK FESTIVAL ‘15」にも出演が決定するなど、その勢いは留まることを知りません。現在進行形で進化し続ける、ONE OK ROCKの“世界基準”のライブを体感出来るチャンスです。また、ライブツアーグッズの中でも毎回人気のツアーTシャツ(Mサイズ)も、10名様にプレゼント致します。チケットは会員ランクがプラチナのdTV会員が応募対象、ツアーTシャツはdTV会員であれば、どなたでもご応募いただけます。是非この機会に、dTVよりご応募ください。dTVでは、ONE OK ROCKのミュージックビデオやライブ映像をはじめ、主題歌を担当した、劇場版「るろうに剣心」などの映画やドラマ、アニメ、音楽など、多彩な13チャンネルに約12万作品を月額500円(税抜)でお楽しみいただけます。ドコモユーザーでなくても、クレジットカードがあればdocomo IDを取得するだけで、どなたでもご登録頂けるほか、dTVターミナルを使用すれば、迫力ある映像をカンタンにテレビで視聴出来ます。ONE OK ROCK特集サイトURL:http://video.dmkt-sp.jp/ft/b0002978///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


(juggly.cn)記事関連リンク
中国OPPOがFCバルセロナのオフィシャルパートナーに
Samsung、Snapdragon 808を搭載した画面比15:9の4.7インチスマートフォン「SM-G9198」を開発中?
恵安、13.3インチ大画面ディスプレイを搭載した新型Androidタブレット「M1316S」を発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP