ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

95%のランナー「いつもより楽に走れた」 運動前に摂取すると、ランニングに効果的な話題の素材とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


夏までに身体を絞ろうと、ランニングを始めたアナタに朗報!プレワークアウト研究会(※)の調査により、走る前の摂取で95%のランナーが効果を体感したという素材が話題になっている。
その素材とは、アミノ酸の一種である「シトルリン」。ランニング経験のある20 歳以上の男女38 名を対象に、「シトルリン」を15日間毎日(ランニングをする日は走る前に)摂取してもらい、1回あたり3km以上のランニングを実施した際の、疲労感やパフォーマンス等に関する体感アンケートを実施。
その結果、「シトルリン」を摂取する事で、なんと95%となる38人中36人のランナーが「いつもより全体的に楽に走れた」と回答。また、「走った後の疲れが取れやすかった」が33人で87%、「集中力が維持できた」が26人で69%、「いつもより早く走れた」が23人で61%と、多くのランナーが「シトルリン」の効果を体感したというのだ。
その他にも、調査に参加したランナーからは、「シトルリン」を摂取してランニングを実施すると、「足が軽く感じた」、「呼吸が乱れたり苦しくなりにくかった」、「マラソン大会でバテずに完走できた」、「マラソン大会で自己ベストを出すことができた」、「翌日の足の張りが軽減された」、「翌朝に疲れが残らなかった」など、ランニングシーンで様々な効果を体感したという声が寄せられたとのこと。
このように、ランニングにおける効果を体感すると「シトルリン」を継続して摂取したいという声も多いはず。実際に、ランニングのパフォーマンスアップに向け、約8割のランナーが「今後もシトルリンを摂取したい」と回答したそう。

調査結果を受けて、プレワークアウト研究会の発起人、北里大学 小林教授は「走る前にシトルリンを摂取するランニングシーンでのプレワークアウトは、ランナーにとって非常に有効であると考えられます。今後、習慣的にプレワークアウトを取り入れることで、よりランニングのパフォーマンスアップが期待できます。」とコメントしている。
「プレワークアウト」とは、「シトルリン」や「アルギニン」など、血流促進効果のあるアミノ酸を運動前に摂取し、スポーツのパフォーマンスアップに向けて体の内側から働きかけること。アメリカではスポーツやトレーニングをする人たちの間で習慣化されていて、日本でも注目が集まっている。
皇居ランナーサポート施設「JOGLIS」(http://www.joglis.jp/)では、6月19日(金)まで施設の利用者全員に「シトルリン」を配布しているので、ランニングで実際に試してみるのもおすすめ。
また最近は、手軽にプレワークアウトを始められる商品も発売されている。

「X-ZONE」¥400(税別)
今年4月に発売された「X-ZONE」は国内初のプレワークアウトドリンクで、「シトルリン」、「アルギニン」が800mgずつ配合されている。ランニングをはじめとするスポーツの前に摂取することで、パフォーマンスアップに効果が期待できそうだ。100mlにプレワークアウトに効果的な素材が充分量含まれており、炭酸が含まれていないため、運動前でも取り入れやすいのもポイントだ。
夏に向けてランニングを始めた人は、「シトルリン」を効果的に取り入れるプレワークアウトも同時に始めてみてはいかがだろうか。
(※)「プレワークアウト研究会」とは2014 年5 月、北里大学 薬学部 生薬学教室 小林義典 教授を発起人として、運動前の新しい習慣である「プレワークアウト」の有効性と、「プレワークアウト」に適したアミノ酸(シトルリン、アルギニン)の社会的認知と理解獲得を目的として組織された団体。公式サイト:http://pre-workout.jp/
(Photo by d26b73)

【Nicheee!編集部のイチオシ】
サバゲーアイドル?鈴木咲 大きいのが好き
美人アスリート私服まとめ
発表!全国ランニング大会100選!

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP