体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【納豆嫌い必見】あの手この手で納豆嫌いを克服してみる

01

納豆。それは日本を代表する食材のひとつである。かき混ぜればかき混ぜるほど粘り気が出て、周囲に独特の香りが漂うのである。醤油を混ぜてさらにかき混ぜ、ご飯の上にたっぷりと乗せて……。ああ、たまらない!これぞ日本のソウルフード!
そんな納豆が私は大の苦手なのである。

先日、海外の友達が納豆のことを「エイリアンの口元みたいで嫌い」と評していたが、まさに言い得て妙である。どうにもあの粘り気が苦手なのだ。
とはいえ、もちろん頭ではわかってはいる。納豆を食べられるようになるにこしたことはないのだ。

そこで、どうにかして苦手な納豆を克服するすべはないものか、さまざまな調理法を試しながら模索してみようと思う。

納豆を洗ってみる

納豆が苦手な人にとって、一番の難敵はその粘り気だろう。つまり粘り気さえ取れれば美味しく食べられるかもしれない!
というわけで、納豆を洗って粘り気を取ってから食べてみることにした。

02

まずはボールに納豆をあけて、水でジャブジャブと納豆を洗ってみる。

03

しかし、洗っても洗っても粘り気は落ちず、先に水がヌルヌルになってしまう…。
納豆の粘り気おそるべし!

04

それでも根気よく、何度も何度も洗うことで粘り気を完全になくすことに成功した!これならいける!
早速味見をしてみると……。粘り気はないが、全然うまくない。
節分の豆を水でふやかしたかのような味と食感だ。納豆嫌いでも抵抗なく食べられそうだが、純粋にまずいのだ。
残念ながらおいしいと思えなければ、納豆嫌いを克服したとは言えないだろう。

肉まんの具にしてみる

納豆は糸をひくほどの粘り気が持ち味だが、その見た目がわからなければ案外スムーズに食べられるかもしれない。臭いものにはフタ方式である。
そこで、肉まんの具をくり抜き、中身に納豆を入れてみることにした。

05

肉まんを半分に割り、具をすべて取り出してできた穴に納豆を突っ込んでみる。
そして半分に分けた2つをくっつけ、見た目はただの肉まん状態に!さすがに中身が見えなければおいしそう!
そして、大きな口で肉まんを頬ばるが……一口噛んだ瞬間に広がる独特の風味と粘り気。完全に納豆そのものである。
もう少し肉まんの風味が感じられても良さそうなものだが、納豆の風味が完全に肉まんの風味をかき消していた。
残念ながら、納豆嫌いにはとても食べられるものではなかった。

凍らせてみる

みかんやイチゴなど、普通の果物を凍らせるだけでもデザート感が増すものである。
納豆も凍らせれば、もしかしたらデザートのようにサクサクと食べられるかもしれない!なんとなく粘り気も消えそうな気がする!

06

というわけで、1パックそのまま冷凍庫にぶち込んでみた。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。