体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

天国から地獄へ……。誠実で心優しい刑事の魂は救済されるのか?

④場面写真-2

アカデミー賞外国語映画賞受賞作『未来を生きる君たちへ』をはじめ、『悲しみが乾くまで』、『愛さえあれば』など、これまでにもさまざまな家族のドラマを描いてきたスサンネ・ビア監督。そんな監督の最新作『真夜中のゆりかご』が公開中。

敏腕刑事のアンドレアスは、ある日、通報を受けて同僚のシモンと駆けつけた一室で、薬物依存の男女と衝撃的な育児放棄の現場に遭遇する。それまで、妻・アナと乳児の息子との日々は愛に満ちていたが、ある朝、思いもよらぬ悲劇がアンドレアスを襲い、彼の中で善悪の境界線が揺れ動いていく――。

育児放棄、ドラッグ中毒、家庭内暴力……現代社会が抱えるさまざまな問題を盛り込んで描く、家族を題材にしたサスペンスドラマ。幸せの絶頂から地獄に突き落とされた刑事・アンドレアスの魂は救済されるのか? 登場人物たちの感情をよりドラマティックに描き出す、デンマークの美しい風景にも注目。

真夜中のゆりかご
監督:スサンネ・ビア 
脚本:アナス・トーマス・イェンセン
出演:ニコライ・コスター=ワルドー、ウルリッヒ・トムセン、マリア・ボネヴィー、ニコライ・リー・コス
(2014年/デンマーク)
公開中
© 2014 Zentropa Entertainments34 ApS & Zentropa International Sweden AB
http://www.yurikago-movie.com/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。