ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google Playストアのデベロッパーページリニューアル、検索結果のカテゴリ表示、A / B テスト機能の実装などがGoogle I/Oで発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が 5 月 28 日に米国サンフランシスコで行われた Google I/O 2015 カンファレンス基調講演で、Google Play ストアへの新機能として、デベロッパーページのリニューアル、検索結果のカテゴリ表示、A / B テスト機能の実装などを発表しました。デベロッパーページのリニューアルについては、Google Play のユーザーページのように、プロフィール画像を備えたデザインに刷新され、アプリページに見られる大きめのバナーを上部に掲載可能になります。これは既に Google などの大手では有効です。検索結果のカテゴリ表示については、「ショッピング」や「音楽」といった一般的な検索クエリに対し、検索結果がカテゴリ別に表示されるようになります。名前のリンクからさらに絞り込むこともできます。近々リリースされる A / B テストは、Android アプリのダウンロード数や収益性を最大化するためにアプリページの記載内容を 2通り用意して切り替えながら反響を確認できる開発者向けの機能です。Source : Google


(juggly.cn)記事関連リンク
Android Mで音量調節スライダーが刷新
Android MではWi-Fiテザリング機能で5GHz帯を利用できる
Android M に「テーマ」機能が追加、ダークテーマに切り替え可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP