ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハマケン率いる“在日ファンク”が語るジェームス・ブラウンの魅力!  「魂(ソウル)がファンクを生み出してる」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


5月30日から公開される映画『ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~』。あのミック・ジャガーがプロデュースしたマイケル・ジャクソン、プリンス、ファレル・ウィリアムスなど未だミュージシャンに影響を与え続けるソウルのゴッドファーザー、ジェームス・ブラウンの初の伝記映画です。

破天荒過ぎるJBの言動と激動人生、そしてLIVEパフォーマンスなど、見所たくさんの本作。大スクリーンで観れば思わず体が踊り出しちゃうこと間違い無しです。今回は、ジェイームス・ブラウンから流れをくむファンクを日本に在りながら再認識する、ファンクバンド「在日ファンク」の浜野謙太さん、永田真毅さん、仰木亮彦さんの3人に感想などお話を伺いました。

【関連記事】『ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男』ソウル界のゴット・ファーザーJBと親友ボビー・バードとの愛
http://getnews.jp/archives/972642 [リンク]


ーー『ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~』がいよいよ公開となりますが、映画を観た感想を教えていただけますか?

浜野:いやあ、本当に最高で。試写会で観た時、余韻でなかなか立ち上がれなかったんですよ。泣いてしまって立ち上がれなくて一番最後まで座っていた。僕らジェームス・ブラウンが亡くなった事をきっかけにバンドを結成してるので、こうして改めて映画になって嬉しかったですね。

貧乏で差別されて、厳しい生い立ちもしっかり描かれているんですけど、時系列がバラバラで、そんなシーンの直後に痛快なライブシーンが来たりするので「色々あるけどさ、それはまあ置いといて、かっこよければいいんだ!」と言われている気がして。

仰木:ストーリーも素晴らしいんですけど、ライブシーンのこだわりがすごかったですね。僕はギターなので、ついギターを見ちゃうのですが、年代ごとに使っているギターが違っていてすごくリアルなんです。昔のギターはどうしてもクラックが割れてしまうんですけど、新品の様にキレイで驚きました。ファンクを知らなくても音楽好きなら絶対に楽しめる作品だと思いますね。

永田:僕もドラムなので楽器や、機材につい注目しちゃいましたね。後は役者さんが年齢の違うJBを演じているところがすごいなと。

浜野:彼、本当にすごかったよね。歩き方、しゃべり方、踊り方が全部JBで。素晴らしい演技だった。

ーーライブシーンの迫力ももちろんですが、JBってこういう人生だったんだという人間ドラマも楽しめますよね。

浜野:JBを一人の男として描いている所が良いですよね。JBはすごい人なんだ!って押し付けがましく讃えているわけでは無い、変に美化していない所が好きです。高校生の時にJBをしっかり聴いて、衝撃を受けて今こういう音楽をやっているわけですが、なんだかんだ言ってファンクの世界ではJBが一番偉いんだっていうのが実感できるのがすごいですね。彼の名前を出せば誰も文句言わない。水戸黄門の印籠みたいな(笑)。

永田:映画を観るとマイケル・ジャクソンよりも偉い、すごいんだってよく分かりますね。魂(ソウル)がファンクを生み出してるんだって感じますね。生き様があってのファンクだなと。

ーーなかなか決めるのは難しいかと思うのですが、JBの曲で一番好きな曲はどれですか?

仰木:「Give It up or Turn It Loose 」ですね。在日ファンクをはじめた時、オリジナル曲が無くてよく演奏していたので思い出があります。

永田:「Funky Drummer」ですね。あれをやらないとライブがしまらない! という感じで大好きな曲です。

浜野:JBの曲全部聴いて、色んな曲何度も聴いた後にやっぱり「Sex Machine」はスゴいなって思いますね。音楽を超えて真剣にセックスと向き合ってる(笑)。JBの、国境の無い格好良さが全開だな、と。

ーー映画の中でも名曲の数々が楽しめるので、ライブに行く気持ちで映画を楽しんで欲しいですね。今日はありがとうございました!

【在日ファンク 公演情報】

公演日:2015年 09 月 23日 (水・祝)
会場:東京 北とぴあ さくらホール
開場/開演:17:00/ 18:00
前売り/当日:¥4,000/ ¥4,500(全席指定・ドリンク代別)
※北とぴあメンバーズ:¥3,600(全席指定・ドリンク代別)
チケット一般発売日:2015年 06月 03日 (水)
問合せ:(公財)北区文化振興財団 03-5390-1221

※3歳以下の児童の入場不可
※車椅子席をご希望の方は下記お問い合わせ先にてご予約ください(数に限りがあります)。
※託児はチケットを購入のうえ9月16日(水)までに下記へお申込みください(2歳~就学前・有料・先着順受付)。 
(株)マザーズ 0120-788-222 (平日10時~12時、13時~17時)

「ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~」
http://jamesbrown-movie.jp/

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP