ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

6月から『コカ・コーラ ゼロ』がフルリニューアル 先行で『TRY! #利きコーク』にチャレンジしてみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


発売から8年目を迎えるゼロ系炭酸飲料『コカ・コーラ ゼロ』がフルリニューアル。6月1日(月)から全国で発売されるのに合わせ、『コカ・コーラゼロTRY! #利きコーク』キャンペーンがスタートします。

キャンペーンでは、新しい『コカ・コーラ ゼロ』と『コカ・コーラ』のどちらかが入ったカップを自分の味覚を頼りにテイスティングする“利きコーク”体験を実施。全国各地で約100万人の大規模な飲用体験を予定しているそうです。このたび筆者は、全国発売に先駆けてメディア向けに開催された“利きコーク”体験会に参加。フルリニューアルされた『コカ・コーラ ゼロ』を一足先に味わってまいりました。


カロリーゼロ、保存料ゼロ、合成香料ゼロをうたった『コカ・コーラ ゼロ』。今回のリニューアルについて日本コカ・コーラは、「強い炭酸感と、豊かなコーラの味わいを追及し、『コカ・コーラ』史上最高のゼロへと進化しました」とコメントしています。わざわざ“利きコーク”体験会を実施するくらいなので、おそらく『コカ・コーラ』とも区別がつかないくらいの味わいを実現したという自信の表れでしょう。


“利きコーク”のルールは至ってシンプル。カップに入ったドリンクが『コカ・コーラ ゼロ』と『コカ・コーラ』のどちらなのかを当て、その理由をフリップに書いて答えるというもの。


普段は『コカ・コーラ』派の筆者は、「ノドにガツンと来る爽快感で判断すれば余裕だろう」と自信満々でトライ。なお、後ろのモニターにはこれから試飲する製品が表示されており、どちらを飲んでいるのかが会場全体には分かっている状態です。


まずは一口。


「ん?」


「むむむ?」


「い、いや、ほぼ分かってるんですけど……念のためもう一口いいっすか?」


「……ほほう、なるほどね。うん、分かりましたよ。えっとねぇ、はいはい……。じゃあ、当てちゃいますよ~」


ドンッ!

「私が飲んだのは、飲んだことのある味だから『コカ・コーラ』です!」

お察しの通り、筆者が試飲したのは『コカ・コーラ ゼロ』。悩みはしたものの、甘さや炭酸の爽快感がいつも飲んでいる味わいに近かったため、「缶で飲むのとカップに注いで飲むのとの違いかな?」くらいに感じましたよ。ガチで挑んだだけに、非常にお恥ずかしい限りです……。余談ですが、その後の参加者にも間違える人が続出。ちょっと安心しました。


これはさらに余談ですが、日本コカ・コーラの広報さんも普通に間違えていました。……えっ!?


キャンペーンでは全国8か所で“利きコーク”体験会を開催するほか、全国約20か所以上でキャンペーン限定の『利きコーク缶』を配布。サンプリングイベントの開催地や日時は特設サイトからチェックできます。もちろん、6月1日(月)からは全国コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどで進化した『コカ・コーラ ゼロ』を購入できるので、「俺は間違えない自信がある!」という方は自宅でも“利きコーク”にチャレンジしてみては?

『コカ・コーラゼロTRY! #利きコーク』キャンペーンサイト:
http://www.cokezero.jp/

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP