ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android MでApp Ops機能が復活?スクリーンショットが流出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android の次期バージョン「Android M」では、アプリをインストールする際にそのアクセス要求に対して拒否することも可能になると噂されているのですが、その機能が実際搭載されていることを示す動作内容のスクリーンが公開されました。Google は Android 4.3(Jelly Bean)でアプリの権限を一覧表示し、それぞれを手動で OFF にできる「App Ops」を導入しましたが、Android 4.4(KitKat)で無効にしたため、通常では利用できなくなりました。今回の機能は App Ops そのもので、Android M では、アプリをインストールする時と「App Permissons」という設定メニューのカテゴリで OFF にできるそうです。上図左の例だと、Google+ アプリをインストールする際にアドレス帳にアクセスする権限に対して拒否できることを示しています。Source : Android Police


(juggly.cn)記事関連リンク
米国のGoogleストアで「Project Tango タブレット開発キット」が半額に
Motorolaの次期スマートフォンはSnapdragon 808 / 810を搭載か?
日経、Android向け「日本経済新聞 電子版」アプリをリニューアル

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP