体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パン好きはこの22,900円のトースターを買ったほうがいいと強く思った『バルミューダ ザ・トースター』

IMG_0792_f

今回紹介するのは『BALMUDA The Toaster』(バルミューダ ザ・トースター)
日本のメーカーが作った電熱式オーブントースターである。

先に値段を言うと、このオーブントースターは税抜き価格で22,900円する。市販のオーブントースターであれば、1500円くらいから始まって10000円程度の価格帯で収まる。そう考えると、お高めだ。

IMG_0750_f

けれども試食を含めた取材をしてみた今となっては、毎日パンを食べる人、パンが好きな人であれば、普通のオーブントースターとの差額分を埋められるだけの“満足感”がある商品ではないだろうか、と感じている。

『BALMUDA The Toaster』(以下バルミューダ ザ・トースター)が一体どんな製品なのか、試食レビューも含め、紹介していきたい。

いきなり試食レビュー

唐突だが、試食レビューから入りたい。
今回、通常のトースターで焼いたものと『バルミューダ ザ・トースター』で焼いたもの、それぞれを食べ比べた。試食した種類は、普通の食パン、チーズトースト、クロワッサン、バゲット(フランスパン)の4種類。後述するが、いずれも最適化された“専用のモード”で焼き上げている。

IMG_0794_f IMG_0800_f2

・食パン
 普通のトースター:いつもの食パンだ。焦げないように気を遣って焼き上げてあるのでカリカリに仕上がっている。可もなく不可もなく、いつもの味。

 バルミューダ:触った感じよりも口に入れた瞬間に違いが大きくわかる。外側が薄めにしっかりとカリカリなのに対して、中が水分2割増しくらい?のふわふわとした柔らかさを保っている。確かに同じ食パンなのに、比べると甘味も強いのが驚き。表面と中のコントラストが明らかに強い。

・チーズトースト(食パンにチーズを載せただけのもの)
 普通のトースター:美味しい。パンにチーズを載せると美味しい、ということを改めて確認できる、いつもの味。美味しい。これ以上やると焦げる、というギリギリを目視しながら焼き上げ。フチはちょっと焦げ目。

 バルミューダ:まず、仕上がりの厚さが違う。かじった断面を見ると、普通のチーズトーストの倍は厚さを保っている。というか、普通のトースターのほうの厚みが、痩せてしまっていることに気付く。ふかふかした厚みを保ちながらも、表面はしっかりチーズの焦げ目。なのに、なのに、パンの耳は焦げずに適度に柔らかいのだ。チーズも同じものを使っているはずなのに、香ばしさの点で上回っている。

・クロワッサン
 普通のトースター:クロワッサンは温めると香ばしくなって美味しいが、どうしても上の方が焦げてしまう。温めた分の代償なので今まではさほど気にかけなかったが。表面含め、全体にサクッとした仕上がりに。

1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。