ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高校中退・不登校でも「未来へ踏み出せる」 当事者が動画で語る「ヒラケゴマプロジェクト」の思いとは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中退や不登校を経験した人でも、楽しんで生きている人はたくさんいる――。そうした事実を、当事者に語りかけるサイトがある。2014年9月に立ち上がった「ヒラケゴマプロジェクト」という動画サイトだ。

サイトには現在、男女合わせて7人の「経験」が掲載されている。

「高校中退したからダメとか、全くない。その経験があるゆえに考えたり感じられる体験もある。人生は選択の繰り返し。中退したことを自分の一歩としてしっかり受け止めて、そこから広がっていく未来を自分で作っていけたらいいと思う」(女性・32歳)

中退を「自分の一歩」として受け止められるか

文部科学省「平成26年度学校基本調査」によると、全国の不登校者数は約12万人。前年度より約7000人増加した。過去5年連続で減少が続いていたが、特に小学生では過去最高水準にまで戻してしまった。

高校中退者は一時より少なくなっているが、2013年は5万9742人で前年度より約8000人増加している。学校教育を外れてしまった子どもたちにとって、自分自身で別の選択肢を見出すことは困難な場合が多い。

ヒラケゴマプロジェクトを運営するnew-look代表理事の山口真史さんによると、中退や不登校で学校教育という「普通のレール」から外れてしまうと、劣等感や疎外感を抱いてしまう人が多いという。

「自分と同じような人がどこにもいない」
「将来どうなるのだろうか」
「自分って生きている価値あるのかな」

そうすると別の選択肢に進むときに、必要以上に高いハードルを設定してしまう。さらにそのハードルを超えるための情報が少なく、アクセスしにくいために、日常に流されたり、何もしなくなったりと悪循環に陥ることもある。
中退者や不登校者が「先輩たちに触れられる機会」を

山口さんは、中退者・不登校者が「将来に対するポジティブなヒント」を得られるようにと、このサイトを立ち上げた。これまで彼らにはロールモデルが少なく、そうした情報に触れる機会も少なかったからだ。

「当事者や経験者などからは、『自分のときにもこういうものがあれば良かった』『私の場合は本当に一人だった』といった声を聞いています。学校だけが人生じゃないし、不登校や高校中退も1つの生き方だということを社会に発信したい」

new-lookでは現在、高校中退や不登校などから進学や就職など新しいスタートを切るための応援をする「TOB塾」を、兵庫県の西宮市で運営している。さらに、若者への夜回り相談をする「ナイトクルージング」や、中退者と地域の農園をつなぐ「となりのはたけ」など様々な活動をしている。

「次のステップに上がるための学力と、自然に人と関わっていけるための社会性の醸成、いろんな進路を自由に考えられるための情報や環境。それらを利用できるベースとしての居場所などを、少しずつ整えていっています」

ヒラケゴマプロジェクトは今後も、多様なキャリアのインタビューを掲載していくという。「今後も中退者や不登校者が、その先輩たちに触れられる機会を増やしていきたい」と山口さん。こうした活動が、多くの人にとって「未来への一歩を踏み出すきっかけ」になるといい。

あわせてよみたい:「内向的な人が楽でない方向」に社会が変わってきた理由
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP