体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

チップって本当に必要なの? ~はずむべきはお金か気持ちか

mainbanner_1702

郷に入っては郷に従え、ということわざがあります。例えば海外旅行をした際は、現地の習慣にならうのが旅の醍醐味(だいごみ)のひとつ。意外な文化の違いに驚いたりして、それがまた印象的だったりして。

個人的には初めて海外に行くことになったとき、「お店でチップを払う」行為に憧れや戸惑いがありました。アメリカはカリフォルニア州にあるストックトンという街でしたが、「どういうサービスを受けたとき?」「どれくらい払ったらいいの?」「直接ウェイターさんに手渡したらいいの?」「それともテーブルにさりげなく置いておくのがスタンダード?」などと、渡航前に思いを巡らせたものです。

チップ文化が今、揺らいでいる

ところが実際に日本の外に飛び出してみると、チップ文化が形骸化していることに気付かされます。というのも、支払う金額にあらかじめチップ代が含まれていることが少なくないのです(レシートにはTIPやGratuityと記載されています)。自分で金額を手書きで申告できる場合もありますが、お店によっては「15%、18%、20%の中から選べ」みたいな選択式になっているときもあります。「取っておきたまえ」とか何とか言いながら、ドル札を気前よく何枚か握らせる、みたいなシーン全然なし。

P5268235

15%のチップ代が精算時に含まれている場合のレシート

P5268239

チップ代を手書きする場合のレシート(15%くらいを自己申告)

これ、ちょっとヘンじゃないですか。良いサービスを受けたお礼に、自発的に払うのがチップじゃなかったんですか。払うというか、はずむものじゃなかったんですか。チップをいくら払うとか、そもそも払うかどうかは客側の気持ち次第であるはずで、まるでチップを払うことが義務であり強制でもあるようなレシートを突きつけられると、もやもやとした気分になってきます。ありがとうの気持ちを込める、貨幣を通じたコミュニケーションでもある素晴らしいチップ文化がお店の売上アップのための口実に利用されているのだとしたら、少々がっかりです。

気持ち良く応対してくれたウェイター本人に手渡したいのに、お店全体で強制徴収される形になるのも気になります。これについてはウェイターだけでなく厨房(ちゅうぼう)の中にいるスタッフにも等しくチップが行き渡るように、という店側の配慮でもあるようですが、それなら初めから料理の原価に組み込んでおけばいい話にも思えてきます。

チップの本質に立ち返ろう

そう感じているのは何も私だけではないようで、現地の方々からも「これはおかしい」という声が聞かれるようになってきているそうです。「そんなことならもう、チップを無くせばいいじゃない」と。もちろん低賃金で働いているウェイターの大事な収入源という側面はありますが、そもそも低賃金で働かせているお店側に問題があるわけですし、「チップ文化にかこつけて客に余分なお金を支払わせる悪習はもうやめにしないか」というわけですね。

そこでチップ文化に馴染み(なじみ)のない日本人の私は思いました。本来はありがとうを伝える文化なわけだから、お金はともかく「気持ちをはずむ」という本来の意義に立ち返るべきじゃないか。貨幣に気持ちを乗せなくとも、思いを直接伝える方法はあるんじゃないか、と。そうして思いつきで商品化してしまったのが「KIMO TIP」です。気持ちのチップ、名付けてキモチップ。

mainbanner
1 2次のページ
himojimojiの記事一覧をみる

記者:

Kneepon from Nippon! ハイモジモジは思わず膝をポンと打つ、アイデアあふれる商品・サービスを発信している会社です。

ウェブサイト: http://www.hi-mojimoji.com/

TwitterID: HIMOJIMOJI

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。