ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

10万冊以上の児童書が読み放題!子ども向け電子書籍サービス「Epic!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」や音楽のストリーミング配信サービス「Spotify(スポティファイ)」に代表されるように、毎月定額制でサービスを提供する「サブスクリプション方式」は、様々なコンテンツ配信ビジネスで採用されてきた。

近年では、このビジネスモデルが電子書籍の分野にも導入されはじめ、「Oyster(オイスター)」や「Scribd(スクリブド)」など、毎月定額を支払えば無制限で電子書籍を閲読できる、電子書籍購読サービスが生まれている。

・子ども向け電子書籍が読み放題の「Epic!」

「Epic!」は、2014年1月、12歳以下の児童書に特化した電子書籍購読サービスとして開設された。

大手出版社のHarperCollins(ハーパー・コリンズ)、Simon & Schuster(サイモン&シュースター)に加え、2015年5月には、Macmillan Publishers(マクミラン出版社)もこのサービスへの正式な参加を表明したことで、現在、提供されている作品の数は、10万タイトルにのぼる。

・子どもたちが、いつでも、どこでも、良質な読書を楽しめる

「Epic!」で提供されている作品はすべて、児童書の専門家が選定。年齢に応じた良質な書籍を、いつでも、どこからでも、すぐに読み始めることができる。

また、独自のアルゴリズムを使ったレコメンデーション機能によって、それぞれの子どもに適した本との出会いをサポートしているのも特徴だ。

「Epic!」は、iPadやiPhoneを含むiOSデバイスに対応。月額料金は4.99ドルで、30日間の無料トライアルも実施されている。

Epic!

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP