ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松村邦洋「織田信長を現代の有名人で例えるなら・・・」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


5月25日、松村邦洋がNHK総合で毎週月~金曜日13時5分から放送されている「スタジオパークからこんにちは」に出演。有名な武将を現代なら誰に例えるか?という自説を語った。
まず、織田信長は、ビートたけし。戦国時代は、1980年の漫才ブームだという。数々の芸人に立ち向かってゆく様や、たけし軍団のような、個性的な面々を分け隔てなく採用するところは、正に織田信長。さらに織田信長の家来の中には外国人もいた。こちらはゾマホンが当てはまるとのこと。
続いては、豊臣秀吉。こちらは爆笑問題の太田光。松村は「太田さんは下から上がってきてると思う」と話す。妻のねねは太田光代。ねねと共に歩むのは、まるで「女太閤記」のようだという。
最後に徳川家康は、関根勤。理由は「さんまさん、タモリさんとか4番バッターが多いと思うんですよ。お笑い界の中でずっと2番バッターを打ち続けているのは関根勤さんだと思う。」色々な時代背景の中でずっと2番を打ち続けながら、若手も応援し、一通り時代が終わるのを待ち続けているのは、徳川家康の「鳴くまで待とうホトトギス」の姿に重なるそうだ。「最後の最後で天下を取ると思う。」と語る松村。
歴史好きと独自の人間分析力は、これからも注目だ。

【Nicheee!編集部のイチオシ】仲が良いお笑いコンビといえば?
オードリー春日がフィンスイミング日本代表に!お笑い芸人の意外な○○!
ざわちんや道端アンジェリカも!「ウエスト美女」芸能人まとめ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP