ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

堂本剛 1年3か月ぶりの新アルバム『TU』がビルボードセールスチャート首位、KEYTALKも3位と健闘

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 6月1日付のBillboard JAPAN週間セールスアルバムチャート “Top Albums”が発表され、堂本剛の最新アルバム『TU』が実売数5.6万枚の売上で1位を獲得した。

 同アルバムは、堂本剛ソロプロジェクト shamanipponの第3弾リリース。2014年発売のオリジナルアルバム『shamanippon -ロイノチノイ-』以来1年3か月ぶりのアルバムリリースとなっており、ソウルやファンク色の強いナンバーを多数取りそろえた1枚。発売初週に5.6万枚を売り上げ、見事セールスチャートを制した。 

 また、異色のコラボで話題のMAN WITH A MISSION×ゼブラヘッド『Out of Control』が2位、シーンで欠かせない存在になりつつあるKEYTALKの最新アルバム『HOT!』が3位と、ロック勢が上位にチャートイン。そしてロングセールスを記録している『「ワイルド・スピード スカイミッション」オリジナル・サウンドトラック』は先週より順位を1つ上げて4位と健闘しており、4月15日に発売された2PMのアルバム『2PM OF 2PM』のリパッケージ盤が5位にチャートインしている。

◎Billboard JAPAN週間セールスアルバムチャート “Top Albums”
(2015年6月1日付)
1位.堂本剛『TU』
2位.MAN WITH A MISSION×ゼブラヘッド『Out of Control』
3位.KEYTALK『HOT!』
4位.『「ワイルド・スピード スカイミッション」オリジナル・サウンドトラック』
5位.2PM『2PM OF 2PM』

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ】堂本剛 新ALが2位以下を引き離し1位を独走中、マンウィズが追い上げるか!?
サザンオールスターズ 東京ドームで明言「いつまでやってられるか分かんないけど、命続く限りやらせて頂きたいと思う」
【BAYSIDE CRASH 2015】フォゲミ/fam/Septaluck/COUNTRY YARDら出演決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP