ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まさに発想の逆転!“閉じても濡れない”傘が便利すぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

これから梅雨の季節になると、傘が手放せない。

しかし、その傘のしずくとはいうのは自分や周りを濡らしてしまって非常にやっかいだ。さらに、人混みの中では傘の開閉もしづらい。

そんな状況を回避できるのが「KAZbrella」だ。

これは現在、クラウドファウンディングサイトのKickstarterで資金を募集しており、すでに目標額の4倍以上となる10万2000ポンド(約1911万円)以上を集めている大注目のプロジェクトなのだ。

この傘は、表面と裏面が逆に開く。まさに発想を逆転させたナイスアイデア。

この構造であれば、強風で傘の骨が折れてしまうこともないというのも、台風が多い日本では嬉しいポイントの1つ。

現在、KAZbrellaを手に入れられる出資可能な枠は39ポンド(約7300円)から。

色のチョイスができる枠もあるので、興味がある人はチェックしてみて。

日本への配送料は35ポンド(約6600円)で配送は今年の10月以降になる予定。

新しい傘を探している人はぜひ、出資を検討してみてはどうだろうか?

Kickstarter(KAZbrella)
https://www.kickstarter.com/projects/kazbrella/kazbrella-revolutionary-inside-out-umbrella

傘(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP