ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC、カラバリ7色で有機ELディスプレイを搭載した「HTC E9sw」を開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTC は「HTC One E9 / E9+」をベースにスペックを下げた「HTC E9sw」を開発している模様です。この型番を持つ HTC スマートフォンが中国 工信部の認証を取得しました。筐体デザインは既に発表された HTC One M9 / E9 シリーズの BoomSound ステレオスピーカーを持つ構造を採用しています。HTC One シリーズの機種であることはほぼ間違いありません。既存モデルと大きく異なるのはカラーリングの奇抜さとカラバリ数の豊富さで、HTC E9sw の場合、ホワイト、ブラック、レッド、オレンジ、パープル、グレー、ゴールドと 7 色もあります。スペックを見ていくと、5.5 インチ 1,280 x 720 ピクセルの “AMOLED” ディスプレイ(!?)、1.5GHz オクタコアプロセッサ、2GB RAM、16GB ROM、背面に 1,300 万画素カメラ、前面に 400 万画素カメラを搭載しています。もちろん、TD-SCDMA や TD / FDD-LTE にも対応。筐体サイズは 158.7 × 79.7 × 7.64mm、質量は 165g。外観とスペックを見ると、HTC Desrie 8xx シリーズの新モデルなのかもしれませんが、型番上は HTC One E9 シリーズになるはず。それにしても、AMOLED ディスプレイを搭載するとは・・・。AMOLED 採用機種は 2012 年の HTC One S 以来となります。Source : Tenaa


(juggly.cn)記事関連リンク
“Android M”の内部的なコードネームは「MNC(Macadamia Nut Cookie)」、Nexus 4 / 7(2012年版)/ 10 はアップデートされない?
Dropbox v2.6でアプリUIがMaterial Design仕様にリニューアル
Google KeepのAndroid版がv3.1.204にアップデート、場所に基づくリマインダー機能がGoogleマップの地図表示に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP