ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【韓国リポート】 韓国版トランスフォーマー「TOBOT」が実際に立っていた!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


東京・羽田便も多く発着する、韓国・ソウルの金浦空港。この空港のそばに、巨大なロボットが立っているのをご存知だろうか。
そのロボットは「TOBOT(トボット)」。韓国の玩具メーカー・ヤング実業がTOBOT発売5周年を記念し、金浦空港に隣接するロッテモール金浦空港店のスカイパークに、大型TOBOTを昨年12月に設置した。
TOBOTは、韓国版トランスフォーマーといわれ、実在の自動車がロボットに変形するコンセプトで、韓国の子どもたちに絶大な人気を誇る。
日本人的には、本家のトランスフォーマーや日本の某ロボットアニメを思わず連想してしまった。だが、韓国の国産車をロボットに変形されているのがポイントといい、数々の種類の変身ロボットが発売されている。
実際に、金浦空港近くに設置されている巨大TOBOTのそばに立つと、その大きさに確かに圧倒される。しかも、一定時間でわずかに動いたり、音が出たりするのが、東京のお台場にある某ロボットとは違う。特に、韓国の子どもたちがTOBOTを見ると駆け寄っていたので、その人気の高さはうかがえた。
とはいえ、どうしてもコピー、パクリの印象が拭えないのは、如何ともし難いところだが。
(Written by AS)
【Nicheee!編集部のイチオシ】
【韓国リポート】 韓国の「丸亀製麺」に行ってみた 日本と違うアレコレ
【韓国リポート】”LINE”はイマイチ?韓国の通話アプリの意外な事情
【韓国リポート】 定番「顔パック」進化系 動物やキャラが人気!

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP