ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

伝説の血統を継ぐ「八王子ラーメン」を食す! @東京都八王子市『でうら』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今回は「八王子ラーメン」の老舗である『でうら』を紹介してみましょう。

『でうら』の初代店主は、昭和30年代に「八王子ラーメン」では伝説の『初富士』で働いていて、昭和44年に『でうら』をオープンしました。

まさに「八王子ラーメン」の中でも老舗中の老舗です。

ちなみに「八王子ラーメン」とは、生のタマネギの微塵切りがトッピングされている、東京都八王子市周辺の御当地ラーメンを指します。

住宅街の中にある『でうら』

基本的に「八王子ラーメン」は地元住民と共に歩んできた、地域重視の歴史あるラーメンなので、分かりにくい場所に店がある事も少なくありません。

今回、紹介する『でうら』も、そんな感じの店で御座います。正直、グーグルマップが無ければ筆者もたどり着けなかったと思います。

しかし、そんな微妙な立地にも関わらず、店内は満席だったりするのです。

「八王子ラーメン」を食べ歩いていて驚くのは、その人気の高さと客層でしょうか?

例えば横浜の「家系ラーメン」の場合は、半分近くは確実に遠征組で占められていると思われるのですが、「八王子ラーメン」の場合は、ほとんどが地元の住人で占められている感じです。

『でうら』のラーメン(並)を食す!

今回も『でうら』のベーシックを知る為に、筆者のオーダーは「ラーメン並」(550円)となります。

麺の堅さも普通、トッピング類も全て無し、まさにベーシックスタンダードな『でうら』のラーメンをお届けします。

まず最初に目が行くのは、やはり「タマネギの微塵切り」でしょうか?

多くの店がフードプロセッサーを使う中、この『でうら』は包丁による手切りだそうです。
まさに「八王子ラーメン」の老舗ならではのコダワリと言えるでしょう。

スープは透明感の高い醤油味で、比較的さっさり風味です。スープ表面の脂の層も薄めです。

このスープを直接、丼からすすって欲しいとの思いから『でうら』のラーメンにはレンゲがありません。
(レンゲが欲しいと言えば、出してくれるそうです)

確かにレンゲで頂くのと、丼から直接すするのでは「香り」の立ち方が変わってくると思うので、筆者はそういうコダワリはありかなと思います。

まあ、猫舌の筆者には少々つらい可能性は否めませんが……。

麺は「八王子ラーメン」らしく細麺です。標準でも比較的「硬め」に茹でられているので、あえて「麺硬め」のオーダーは必要ないかもです。

スープの運びも良い細麺は、まさに『でうら』のスープにピタリとハマります。

チャーシューは「肩ロース」でしょうか? 流石に老舗のチャーシューは違いますね。柔らかく煮込まれたチャーシューは、美味しく仕上がっています。

八王子ラーメン『でうら』 総評

スープ、麺、チャーシューの三拍子が揃った、まさに「八王子ラーメン」を代表する店かと思います。

今現在、「八王子ラーメン」の元祖を名乗れるのは、伝説の『初富士』のDNAを引き継ぐ『でうら』だけでしょう。

若干、接客が硬めな気はしますが、他の地域のラーメン屋さんに比べたら普通かなと思うレベルでしょう。
むしろ、他の「八王子ラーメン」の接客が良すぎるだけとも言えます。

個人的に『でうら』で気に入ったのはスープでしょうか?

総じて「八王子ラーメン」のスープはレベルが高いと思うのですが、その中でも『でうら』のスープは確実に上位に入ると思います。

それでは、みなさんも「八王子ラーメン」を食べに、『でうら』に訪れてみて下さい。

店名:でうら

住所:東京都八王子市台町1-6-12
営業時間:11:30~15:00(スープ切れ次第終了)
定休日:水曜日 日曜祝日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP