ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Verizon、「Droid Turbo」にグレーを基調とした新色を3種類追加、5月28日より発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国の携帯キャリア Verizon Wireless が昨年 10 月に発売された Motorola 製のハイスペックスマートフォン「Droid Turbo」の新色を発表しました。新色は、グレーを基調としたバリスティックナイロン素材のグレーカラーで、メタリックブルーやメタリックオレンジ、メタリックバイオレットの 3 色からアクセントカラーを選ぶことができます。新色の発売日は 5 月 28 日で、Verizon の直販サイトから購入できます。現状、日本から調達することは難しいと思いますが、ebay や Amazon で出品・発売されることを期待しましょう。Droid Turbo は当初、ケブラー素材を使用したメタリックブラックとメタリックレッド、バリスティックナイロン素材を使用したブラックの 3 種類が発売されました。その後、Best Buy 限定カラーとなるバリスティックナイロン素材のブルーカラーやブラックバリスティックナイロンにレッドのアクセントを施した Verizon 社員限定モデルも追加で発売されました。今年の 3 月にはバリスティックナイロン素材のサファイアブルーカラーも発売されており、これまでのカラバリは 6 色でした。Droid Turbo 新色のスペックは他の色と同じで、5.2 インチ 2,560 × 1,440 ピクセルの有機 EL ディスプレイや Snapdragon 805 APQ8084 2.7GHz クアッドコアプロセッサ、3GB RAM、3,900mAh バッテリーなどを搭載し、対応周波数帯は GSM(850 / 900 / 1800 / 1900MHz)、WCDMA(850 / 900 / 1900 / 2100MHz)、CDMA2000(850 / 1900MHz)、FDD-LTE(B2 / 3 / 4 / 7 / 13)となっています。キャリアモデルですが、SIM ロックはかかっていないので、日本でも利用することは可能なはず。Source : Verizon


(juggly.cn)記事関連リンク
RealPlayer Cloudが「RealTimes」にリニューアル、写真の共有やショートムービーの作成が可能に、無制限プランも追加
Google、Google I/O 2015でVRヘッドセット「Google Cardboard」に関する発表を予定
ヤフー、GYAO!のAndroidアプリをv2.6.2にアップデート、画面の回転やプレイヤーのサイズ変更で再読み込みする現象に対処

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP