ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ひと先試飲】無ろ過の“ピルスナー”ってどんな味? 『銀河高原ビール』こだわりのプレミアムビール

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


岩手のビールメーカー、銀河高原ビールから、数量限定のプレミアムビール『ピルスナー』が2015年6月9日に発売。ひと足お先に編集部で試飲してみました。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/963361

長期熟成ならではの落ち着いた味わい! 無ろ過の本格派ピルスナー


1996年に岩手県沢内村で生まれた『銀河高原ビール』。創業年が宮沢賢治の生誕100周年にあたる年だったことから、“銀河高原ビール”と名付けたといわれています。


ビール好きにはもうおなじみの“ピルスナー”。もともとはチェコのピルゼン地方を発祥とする、ホップの上品な香りと苦みが特徴のラガー(下面発酵)ビールです。大手メーカーの一般的なビールも、大体がこの種類に分類されます。アルコール度数は5%と平均的。


今回新発売される『ピルスナー』には、最上級の産地といわれるチェコ・ザーツ産のホップを使用。また、従来の銀河高原ビールの製品と比べて約2倍の期間を経て、じっくりと熟成させたのもポイントなのだとか。100mlあたりのカロリーは45kcalとこちらも平均的です。


無ろ過で酵母の旨みが残っているため、一般的なビールにはあまり見られないやや白濁した黄色が特徴。一口飲んでみると、無ろ過のためか後味に旨味とコクが強く感じられました。ほのかな甘みもあり、優しく上品なテイストに仕上がっています。普段ビールはあまり飲まないという編集部の女性スタッフたちの間でも好評でした。


どんな料理とも相性抜群の優等生ビール“ピルスナー”ですが、銀河高原ビールの『ピルスナー』は、ぜひ料理と合わせる前にそのままじっくり無ろ過ならではの濃厚な旨味を味わってほしい逸品。暑さもだんだんと本格化してくる時期、キリッと冷やしたビールで夏のひとときを楽しんでみてくださいね。

製品概要:『ピルスナー』(銀河高原ビール)

■発売日:2015年6月9日(火)
■内容量:350ml
■価格:267円/本(税別)
■アルコール度数:5%
■原材料:麦芽100%、ホップ(無濾過・ビール酵母入り)
■賞味期限:270日
■発売地域:全国

メーカー公式サイト

銀河高原ビール
http://www.gingakogenbeer.com/[リンク]

(写真撮影:ガジェット通信撮影班 しゃむ)

しゃむの記事一覧をみる ▶
しゃむ

記者:

食いしん坊万歳!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP