ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これぞ新時代のバッテリー!折り曲げ可能でしかも超薄い「FLCB battery」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

毎日私たちが愛用するガジェットには、バッテリーが必需品。バッテリーのもちが長くなることは多くの人の願いだろう。

“長持ちするバッテリー”というコンセプトではなく、“よりフレキシブルなバッテリー”を目指して開発が進められているのが、ProLogiumの「FLCB battery」である。

・折り曲げたり、ひねったりしても大丈夫

このバッテリーは超薄いというばかりでなく、曲げたり、ひねったり、一部をカットしても動作するという驚異のバッテリーなのだ。もちろん、カットした後も機能は通常通りに働くという。

・薄さはわずか2mm以下

世界初の折り曲げ可能なリチウムバッテリーは、薄さがわずか2ミリメートル以下で、長さはおよそ12.7センチメートルのシートタイプになっている。まるでスティックガムのように、曲げたり、再びまっすぐに伸ばしたりすることができる。

・爆発したり、発火する危険性はなし

普通のバッテリーは、カットしたり曲げたりすると、下手をすると爆発したり、発火したりすることもある。

この「FLCB battery」はソリッドステートの電池で、2つの電極は完全に独立した状態にあるため、そういった心配がない。

ためしにバッテリーシートの角部分をハサミでカットしても、一瞬ライトの点灯は消えるものの、少しすると再び点灯するという。発火性物質や液体を含んでいないので、燃えたり爆発する危険性はなく、安全面という意味でも優れている。

・ウェアラブルや小型ガジェットに活用

バッテリーは1000mAhの放電容量をもっており、既存のバッテリーと比べても遜色はない。その上、自由に丸めたり、ひねったりすることができるため、加工の幅も広く、家庭用、産業用問わず、さまざまなウェアラブルや小型ガジェットに搭載するのに適している。今後の開発が待たれるところ。

ProLogium

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP