ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チームしゃちほこ 名古屋「天才バカボン」リリイベで地元オアシス21を揺らす、6/16 Zepp Nagoya公演開催も発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 スターダスト芸能3部所属名古屋発高校生6人組アイドル、チームしゃちほこが5月17日に愛知・オアシス21で【5th single「天才バカボン」発売記念フリーイベント】を実施した。

 前日はラグーナ蒲郡で開催された【メ~テレ KAZOKU FES. 2015】に出演し、2日連続で地元を盛り上げる彼女たち。イベントの前説には伊藤千由李と咲良菜緒が登場し、「笑顔が大事、みなさん笑ってみましょう!せーの、にーっ!」っと笑顔のリハーサルや拍手の練習を実施。ライブを見る楽しみを伝授して会場を盛り上げる。

 日曜日とあって会場のオアシス21はフロアから2階、3階の通路まで大勢の観客でぎっしり。開演予定時刻とほぼ同時に出囃子が鳴り、メンバーが登場。まずは「エンジョイ人生」でライブはがスタート。怒号のようなコールと、家族連れのチビッコファンからの声援が入り混じり、開始早々から異様な盛り上がりを見せる。冒頭おなじみの挨拶「こんにちゆ」も大勢の観客から返され、この日は満場一致の一発オッケー。

 続いて5月13日にリリースしたばかりの最新シングル『天才バカボン』から「天才バカボン」「いけいけハリウッド」「Twiright」と収録曲をすべて曲順通りに立て続けに披露。普段ここまでリリースを意識したセットリストを組まないだけに、メンバー自身も驚いているようで、秋本帆華は「こんなちゃんとしたこといつもは、やんないんだよ!ラッキー!」とコメント。と、一通り盛り上がった所で突如、安藤ゆずの頭に味噌煮込みうどんの着ぐるみキャップがセッティング。これは10月に開催される【なごやめし博覧会2015】のスペシャルサポーターにチームしゃちほこが任命された為で、ステージには博覧会のスタッフが登壇。委嘱状を渡すセレモニーが行われ、秋本が受け取り、早速 【なごやめし博覧会2015】をアピールした。

 そして、なごやめし繋がりで秋本の「お腹が空いてきた頃にこの曲はぴったりじゃないでしょうか」と「いただきっニッポン!~おみそれしましたなごやめし~」へ。安藤は味噌煮込みうどんを着用したままパフォーマンスし、しっかりとスペシャルサポーターとしての役割を果たす。大黒柚姫の「後半戦、盛り上がっていけますかー!1、2、3、ダー!」の掛け声から「そこそこプレミアム」へ突入。ほんわかした“味噌の歌”の空気から一転、会場はヒートアップ。そのまま鉄板曲「乙女受験戦争」が投下され、圧巻の大合唱とダンスで、地元オアシス21を揺らしライブはフィナーレ。

 MCでは8月28日に蒲郡ラグーナビーチで夏恒例のワンマンライブ【しゃちサマ】を開催することを告知する中、更に6月16日にZepp Nagoyaでライブすることを発表。どのような内容になるかなど詳細は今後発表されるようだ。ライブを終えた彼女たちはシングル購入者特典の握手会を実施。最後まで残ってくれたファンに向け、おまけの1曲として「よろしく人類」を披露。最後に安藤ゆずは次回ライブでの車椅子卒業を宣言。彼女にとっても、ファンにとっても待望であろうダンス封印が遂に解かれることとなるが、メンバーからは「自由にうるさくなってしまうのか…」と一言。爆笑の中、北海道・大阪と続けてきた「天才バカボン」発売記念のイベントを地元で締めくくった。

◎チームしゃちほこ【5th single「天才バカボン」発売記念フリーイベント】
2015年5月17日(日)愛知・オアシス21
01.エンジョイ人生
02.天才バカボン
03.いけいけハリウッド
04.Twiright
05.いただきっニッポン!~おみそれしましたなごやめし~
06.そこそこプレミアム
07.乙女受験戦争
08.「よろしく人類

◎リリース情報
シングル『天才バカボン』
2015/05/13 RELEASE
<初回限定名古屋盤 CD+DVD>2,000円(tax in.)
<通常盤 CD ONLY>1,200円(tax in.)
<しゃちヴォン盤 USB>2,000円(tax in.)

映像作品『鯱詣 2015 at 愛知県体育館』
2015/05/27 RELEASE
<DVD>6,480円(tax in.)
<Blu-ray>7,560円(tax in.)

関連記事リンク(外部サイト)

チームしゃちほこ【KAZOKU FES.2015】に出演、地元イベントだからって慢心しない!現在の姿を見せつける渾身のステージ「こんな小娘たちを見てくれてありがとうございました!」
チームしゃちほこ、幕張公演の映像を使用した新曲「いけいけハリウッド」を早くも公開
チームしゃちほこ メンバー感涙の【幕張HOLLYWOOD】2日目レポート、覚醒したのはおっとりガールだけじゃない?

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP