ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GravityBoxがAndroid 5.1をサポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アプリを改変することなく標準 ROM では実現できないカスタマイズを可能にする「Xposed フレームワーク」の定番モジュール「GravityBox」がついに Android 5.1(Lollipop)に対応しました。Gravity Box は Android の UI 周りを中心に様々な独自機能を簡単に有効 / 無効できるツールで、ロック画面、ステータスバー、ナビゲーションバー、電源周り、画面周り、電話機能、メディア再生機能、ハードウェアボタン、アプリドロワー、ホーム画面などカスタマイズ項目は多岐にわたります。Gravity Box はこれまで Android 5.0 までをサポートしてきましたが、5 月 16 日付けでリリースされたアプリの v5.1.0 で Android 5.1.0 をサポートしました(Android 5.1.1 もサポートしているのかは不明)。APK ファイルは下記のリンク先でダウンロードできます。Gravity Box が Android 5.1 をサポートしたと言っても、現状、Android 5.1.x をサポートした Xposed フレームワークそのものは開発段階の非公式版しかないので、まずはそれを探す必要があります。Source : XDA Developers


(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「WordPress」がv4.0にバージョンアップ
I-O DATA、カタログアプリ「Oカタログ」をリリース
Google Playの「Designed for Families」プログラムはGoogle I/O 2015で提供開始となる見込み

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP