体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏に向けて「緑のカーテン」を始めてみた

midori-1_R

そろそろ梅雨を意識する季節になりました。そして、その後は暑い夏が待っています。みなさんは、夏に向けて何か準備をしているでしょうか?

筆者は、なんとなく面白半分に植えた「キュウリ」が予想に反して成長したので、今年は「緑のカーテン」にチャレンジしてみようと思います。

と、言う訳で今回は「緑のカーテン」について、あれこれ語ってみましょう。

「緑のカーテン」とは、なんぞや?

「つる性」の植物を網目の大きなネットに絡ませて育てる「カーテン」のようなモノを「緑のカーテン」と呼んでいるようです。

「つる性」の植物で有名なのは「ゴーヤ」や「ヘチマ」の他に「キュウリ」や「朝顔」もあります。

それらの植物をネットに絡ませるように育てて、直射日光を遮るカーテンを育てるのです。

「そんなん、オーニングでいいやん?」

と思われるでしょうが、実は性能的には植物の方が優れているのです。

植物の葉からは微妙に水分が蒸発しているので、周囲の温度を下げる効果があります。しかも葉っぱ自体はコンクリートのように熱くなりません。

このメリットを生かしてベランダや窓辺に「緑のカーテン」を作り、少しでも夏を涼しく過ごすのが目的です。

しかも「ゴーヤ」や「キュウリ」ならば実を収穫して食べる事も出来るので、まさに一石二鳥のメリットがあります。

midori-13_R

ホームセンターで必要な物を揃えよう!

「緑のカーテン」を作ろうと思ったものの、マンション住まいだからと躊躇してしまう人も居るでしょう。

しかし、実は大きなプランターさえ用意すれば、マンションのベランダでも「緑のカーテン」を簡単に始められるらしいです。

ただし、マンションの場合は必ず「非常用ハシゴ」の邪魔にならない様に設置して下さい。

まあ、言うほど筆者も「緑のカーテン」に詳しくないので、パソコンでググりながらソレっぽい物を買いにホームセンターに行って来ました。

midori-8_R

大き目のプランター

「ゴーヤ」や「キュウリ」は比較的簡単に育つのですが、やはり「プランター」(鉢植え)が小さいと難しいらしいです。

なので、プランターは余裕を見て「大きいサイズ」を購入して下さい。ぶっちゃけ大きければ大きいほど簡単に育てられます。

つまり、植物が育つ為の土台となる「土」が多いほうが管理が楽で失敗が少ないと言う事でしょう。

筆者は長さ65cmくらいで容量35リッターのプランターを選びました。最近はベランダで野菜を育てる人の為に、大きいプランターも売っているので便利ですね。

ちなみにプランターの値段は1000円以下だったと思います。

midori-6_R

鉢底石を買う

プランターの底にはメッシュがあるので、水切れは良いのですが念の為に「鉢底石」も購入しました。

コイツを使うと水はけが良くなるし、虫も侵入しにくくなるらしいです。

まあ、マンションの場合は2階以上の高さであれば、あまり害虫は侵入してこないとは思うのですが、失敗すると悲しいので念の為に敷いておきましょう。

midori-9_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。