ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

EU諸国の映画が集結!「EUフィルムデーズ2015」東京は5/29(金)〜

DATE:
  • ガジェット通信を≫

欧州連合(EU)加盟国大使館・文化機関が提供する各国の作品を一堂に集め、一挙上映する「EUフィルムデーズ2015」が、今年も東京と京都の2都市で開催される。東京は5月29日(金)から6月21日(日)、東京国立近代美術館フィルムセンターで開催。

今年は、24カ国26作品を上映(京都では、18カ国19本上映予定)。日本初公開作からアカデミー賞受賞の話題作まで充実のラインナップ。


『イーダ』(ポーランド) ※2015年アカデミー外国語映画賞受賞ほか
6月6日 (土)の上映ではグディニャ・ポーランド映画祭のアーティスティックディレクターで批評家のミハル・オレシュチク氏のトークを予定。


『ブルーベリーの味』(ベルギー) ※日本初公開作

孤児として修道院で育った少女アンナの葛藤を描くポーランド映画『イーダ』や、母親を亡くした少年と、バイオリニストの老人の交流を描くオランダ映画『ちいさなバイオリニスト』など、日本初公開作品や主要な国際映画祭の受賞・ノミネート作品も多い。さらに監督や、関係者の来日を予定している作品あるので注目だ。

なかなか観る機会のない貴重な作品の数々が、楽しめるこの「EUフィルムデーズ2015」。映画好きなら是非足を運んでみてほしい。

■上映作品やスケジュールの詳細は公式WEBサイトより。
URL:http://eufilmdays.jp

会期:2015年5月29日(金)〜6月21日(日)(毎月曜日休館)
会場:東京国立近代美術館フィルムセンター(大ホール)入場料金:一般520円(税込・各種割引あり)
主催:駐日欧州連合代表部/在日EU加盟国大使館・文化機関/東京国立近代美術館フィルムセンター/京都文化博物館
公式HP:http://www.eufilmdays.jp/ 
Facebook::https://www.facebook.com/eufilmdays
twitter: @eufilmdays

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP