ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ASUS、Intel SoFIAチップを搭載した「ZenPad 7」や4GB RAMを搭載した「ZenPad 8」を開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ASUS が「ZenPad」というブランド名の新型 Android タブレットを複数機種開発していることが判明しました。現在確認されているのは、ZenPad 7 と ZenPad 8(P01M)の 2 機種で、ZenPad 8 は既に FCC の認証を取得しています。ZenPad 7 は、Z170CG と Z170CG の 2 モデルが存在しており、どちらも、Intel Atom X3 (SoFIA)プロセッサ、1GB RAM、8GB / 16GB ROM、WSVGA 解像度のディスプレイを搭載。価格は、€139 / €159という水準です。一方、ZenPad 8 は Z380KL や Z380C などスペックに応じて複数のモデルが存在しており、QXGA(2,048 x 1,536)解像度のディスプレイ、Intel Atom Z3530 / Atom Z3560(Moorefield)プロセッサ、2GB / 4GB RAM、8GB/ 16GB / 32GB / 64GB ROM、約 4,000mAh バッテリーを搭載しています。Source : FCC


(juggly.cn)記事関連リンク
Android Tips : IFTTTを使ってYouTubeのあとで見るリストに追加した動画をすぐに思い出せるようにする方法
Galaxy S6 edgeでClear Viewケースを利用すると画面の所々にキズが入る現象が報告される
中国メーカーが2画面Androidスマートフォン「Siswoo R9 Darkmoon」を開発

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP