ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ウィークエンド・チャンピオン〜モンテカルロ1971』巨匠ポランスキーがとらえたジャッキーの素顔。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1970年代、モーターレーシングが最も輝きに満ち溢れていた時代。
伝説の世界チャンピオン 、ジャッキー・スチュワートが語る、モナコ・グランプリ。
巨匠ポランスキーがとらえたジャッキーの素顔とは。

1971年、モーターレース・ファンの映画監督ロマン・ポランスキーは友人の世界チャンピオン、ジャッキー・スチュワートとともにF1最大のビッグイベント、モナコ・グランプリの週末を共に過ごした。その様子を1本の映画として、1972年にベルリン国際映画祭でワールドプレミア上映されたのが本作。その後、40年の時を経て、倉庫に埋もれていたフィルムが奇跡的に発見され、上映されることになった。ポランスキーとスチュワートがモナコ・グランプリの週末を改めて語り、F1の歴史、モナコの空気をスクリーンを通して伝えてくれる本作は、2013年カンヌ国際映画祭・特別招待作品にも選ばれた。

■華やかなF1レースの光と影を映し出す、本予告公開

公開された本予告映像では、若き日のポランスキーとジャッキーが仲睦まじく過ごす様子や、ジャッキー自らが ハンドルを握りコースを走って解説する姿、F1ドライバーたちをつつむ眩い光とその影、レースに熱狂するモナコの人々の歓声、そして40年後、モナコの街を見つめる二人の姿がおさめられている。

【映画情報】
ウィークエンド・チャンピオン〜モンテカルロ1971〜
公式サイト: http://weekendofachampion.euro-p.info/
7月上旬 渋谷シアター・イメージフォーラムにてモーニング&レイトショー!

Jackie Stewart(ジャッキー・スチュワート)
1939年生まれ、イギリス、スコットランド出身1965年、BRMからF1に参戦。8戦目のイタリアGPで初優勝を達成する。
1969年、開幕からの8戦で6勝という記録を作り初の世界チャンピオン。F1算勝利は27回。
スチュワートは偉大なチャンピオンとしてだけでなく、F1の安全性について、誰よりも使命感を持ち啓蒙していったことで知られる。

Roman Polanski(ロマン・ポランスキー)
ポーランド人の映画監督。1962年「水の中のナイフ」で監督デビュー。
その後「吸血鬼」「ローズマリーの赤ちゃん」「マクベス」など話題作を生み出し、時代の寵児と言える映画監督となる。
当時からモーターレースの大ファンとして知られ多くのF1ドライバーと交流があった。
2002年公開の「戦場のピアニスト」でカンヌ映画祭パルムドール、アカデミー監督賞を受賞。

(C)2012 R.P.PRODUCTIONS

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP