ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【マジかよ】アメとムチの効果を比べたらムチのほうが3倍効果的だった!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「アメとムチ」といえば、大昔から使われてきた定番のモチベーションアップ法。じゃあ、「アメとムチ」のどっちのほうが効果が大きいの? ってあたりを調べた研究(英文)が出ておりました。

これはワシントン大学の実験で、学生たちに以下の簡単なテストをやってもらったんだそうな。

「ヘッドホンの左右どちらから音が出たか当てる」
「PCモニタの左右どちらが光ったかを当てる」

・正そうとする確率が3倍増
そして学生がテストに正解するたび5~25セントの報酬(アメ)をあたえ、逆に外したら同じ額の罰金(ムチ)を払わせたんですね。すると、アメよりもムチを受けた学生のほうが、自分の間違いを正そうとする確率が3倍も高かったんだとか。

・罰の厳しさは関係ない
研究者いわく、「25セントのアメと25セントのムチをくらべたら、当然その効果は同じだと思うかもしれない。しかし、結果はまったく違った。さらに、ヒトの行動を変えるためには、ポジティブなフィードバックよりもネガティブなフィードバックのほうが有効なのかもしれない。ただし、その際には、罰の厳しさにはこだわらなくてもよさそうだ。どんなレベルの罰に対しても、ヒトは同じような反応を見せるからだ」とのこと。

・ささいな罰をもうければ十分
とにかく行動を変えたいときは、ささいな罰をもうければ十分みたい。心理学の世界には、「悪い習慣(タバコとか)に手を出しそうになったら、手首に巻いた輪ゴムを軽く弾く」って単純なテクニックがありますが、あれも正しいのかもしれん。

・罰や危険な状況を避ける
進化的な観点からすれば、ヒトは罰や危険な状況を避けるように適応してきた。いっぽうで「報酬」には、生存を左右するほどのインパクトがあるケースは少ない。

・自分に軽い罰則を課してみる?
とのこと。ポジティブよりネガティブな感情のほうが影響が大きいってのは、過去の実験でもたびたび証明されてきたことなんで、なんか治したい癖がある人は、自分に軽い罰則を課してみるのもアリかもですね。

執筆: Yu Suzuki http://yuchrszk.blogspot.jp

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/05/11/ametomuchi/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP