ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

渡辺謙とマコノヒーが樹海で出会う 映画『The Sea of Trees(原題)』が来年日本公開へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ガス・ヴァン・サント監督最新作『The Sea of Trees(原題)』が、2016年に日本で公開されることが決定。本作では、アカデミー俳優マシュー・マコノヒーと、映画や舞台において国際的に活躍を続ける渡辺謙が初共演を果たしています。

人生に失望し、自殺の名所として有名な富士の樹海にやってきたアメリカ人男性アーサー(マシュー・マコノヒー)。彼が森林の奥地までたどり着くと、同じ目的でその場所を訪れていた日本人男性タクミ(渡辺謙)に出会います。しかし、自殺を決意して樹海へ足を踏み入れたものの、その気持ちを変えて妻子の元へ戻るため助けを求めてきたタクミ。怪我を負っているタクミを放っておけず、次第にアーサーもまた死ぬことの意味について深く考えることに。そしてアーサーとタクミは互いの事を打ち明けつつ、極寒の森を脱出するためのサバイバルを通じて人生を見つめ直すようになっていくのです。

2013年度にハリウッドの業界人が選ぶ未映画化の優秀脚本“Blacklist”に選出された物語を映画化した本作。ちなみに、『グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち』、『ミルク』でアカデミー監督賞にノミネートされたガス・ヴァン・サントは、ハリウッド実写版『DEATH NOTE』の監督降板が報じられたばかり。もしや今作は日本の視察を兼ねて? と思っていたのですが、どうやらそれは違ったようですね。

『The Sea of Trees(原題)』概要

監督:ガス・ヴァン・サント/『ミルク』『グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち』
製作:ギル・ネッター/『ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日』
主演:マシュー・マコノヒー/『ダラス・バイヤーズ・クラブ』『インターステラ―』、渡辺謙/『インセプション』『硫黄島からの手紙』/ナオミ・ワッツ『ダイアナ』

PHOTO:Jake Giles Netter

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP