体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

圧倒的な旨さの「八王子ラーメン」を知れ! @東京都八王子市『吾衛門』

goemon-2_R

今回は「八王子ラーメン特集」と言う事で、まずは筆者がイチオシの『吾衛門』(ごえもん)を紹介してみようと思います。

しかし、まず「八王子ラーメン」を知っている人も少ないと思うので、まずは「八王子ラーメン」の説明から入りましょう。

goemon-1_R

「八王子ラーメン」とは、なんぞや?

いわゆる地域に密着した「地ラーメン」とか「ご当地ラーメン」のジャンルに入りますが、東京都の片隅にある「八王子」を中心に発展したラーメンが「八王子ラーメン」となります。

特徴としては醤油ベースのタレで、必ず「タマネギの微塵切り」が乗っているのがポイントです。
つまり、この世に醤油味のラーメンは星の数ほどありますが、その中でも

「タマネギの微塵切り」

が乗っていなければ「八王子ラーメン」に成り得ないと言う結論に至ります。あえて「長ネギ」ではなくタマネギにコダワルのが八王子なのです。

他にも基本的には「あっさり味」で煮干し系のスープが主軸となっていますが、鶏ガラを併用しコクを出している店もあります。なので、スープに関しては割と自由度が高いとも言えるでしょう。

ちなみに「八王子ラーメン」の歴史は意外と古く、昭和34年(1959年)頃に「刻みタマネギ」を乗せるスタイルが確立されたようです。

つまり「八王子ラーメン」自体は、さしてメジャーな存在ではありませんが「ラーメンブーム」が始まる前から、八王子に根付いていた歴史ある本格派ラーメンと呼べるのです。

ここら辺を考察すると「御当地ラーメンブーム」に後乗りした

「にわか御当地ラーメン」

とは違い、ちゃんとした歴史と主張、すなわちバックボーンのある

「本物のラーメンである」

と言えるでしょう。その事実を頭にブチ込んだ上で、記事を読んで頂けたら幸いです。

goemon-5_R

人気店は基本的に並ぶ模様

「栄えている感」の薄い微妙な東京都八王子市ですが、美味しい店のラーメンは基本的に並ぶのがデフォです。

正直、地方からわざわざ食べに来るほど有名ではないと思われる「八王子ラーメン」で、まさかの行列とか、ちょっとびっくりです。

逆に、それだけ地元の人の「八王子ラーメン」に対する愛と言うかリスペクトが半端ないと言う事でしょうか?

またラーメンとしてはサッパリ味なので、割と御年配の方達も行列に並んでいますね。子供連れの家族から、老夫婦まで幅広い層に愛されているようです。

この分厚い客層が「八王子ラーメン」を支えるチカラになっているのでしょう。

goemon-3_R

八王子ラーメンの代表格『吾衛門』の中華そばを食す!

そんな訳で『吾衛門』の『中華そば』(500円)をオーダーしてみました。基本、盛ってナンボの筆者ですが、今回は

「より幅広い層に八王子ラーメンの良さを知って欲しい!」

と言う趣旨なので、とにかくひたすらベーシックスタンダードを貫く所存で御座います。どんだけチャーシューが美味しそうでも筆者のオーダーは不変です。

麺も「堅め」などのオーダーが出来る店もありますが、とにかく基本を重視して茹で加減もノーマルとします。

それが筆者の「八王子ラーメン」に対するリスペクトです。

ちなみに基本のラーメンはラーメンではなく『中華そば』と呼ぶ店が多いのも、ある意味「八王子ラーメン」の特徴かもしれません。
確かに、あっさり味なのでラーメンよりは『中華そば』と呼んだ方が、しっくりくる気がしますね。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。