ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

圧倒的な旨さの「八王子ラーメン」を知れ! @東京都八王子市『吾衛門』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今回は「八王子ラーメン特集」と言う事で、まずは筆者がイチオシの『吾衛門』(ごえもん)を紹介してみようと思います。

しかし、まず「八王子ラーメン」を知っている人も少ないと思うので、まずは「八王子ラーメン」の説明から入りましょう。

「八王子ラーメン」とは、なんぞや?

いわゆる地域に密着した「地ラーメン」とか「ご当地ラーメン」のジャンルに入りますが、東京都の片隅にある「八王子」を中心に発展したラーメンが「八王子ラーメン」となります。

特徴としては醤油ベースのタレで、必ず「タマネギの微塵切り」が乗っているのがポイントです。
つまり、この世に醤油味のラーメンは星の数ほどありますが、その中でも

「タマネギの微塵切り」

が乗っていなければ「八王子ラーメン」に成り得ないと言う結論に至ります。あえて「長ネギ」ではなくタマネギにコダワルのが八王子なのです。

他にも基本的には「あっさり味」で煮干し系のスープが主軸となっていますが、鶏ガラを併用しコクを出している店もあります。なので、スープに関しては割と自由度が高いとも言えるでしょう。

ちなみに「八王子ラーメン」の歴史は意外と古く、昭和34年(1959年)頃に「刻みタマネギ」を乗せるスタイルが確立されたようです。

つまり「八王子ラーメン」自体は、さしてメジャーな存在ではありませんが「ラーメンブーム」が始まる前から、八王子に根付いていた歴史ある本格派ラーメンと呼べるのです。

ここら辺を考察すると「御当地ラーメンブーム」に後乗りした

「にわか御当地ラーメン」

とは違い、ちゃんとした歴史と主張、すなわちバックボーンのある

「本物のラーメンである」

と言えるでしょう。その事実を頭にブチ込んだ上で、記事を読んで頂けたら幸いです。

人気店は基本的に並ぶ模様

「栄えている感」の薄い微妙な東京都八王子市ですが、美味しい店のラーメンは基本的に並ぶのがデフォです。

正直、地方からわざわざ食べに来るほど有名ではないと思われる「八王子ラーメン」で、まさかの行列とか、ちょっとびっくりです。

逆に、それだけ地元の人の「八王子ラーメン」に対する愛と言うかリスペクトが半端ないと言う事でしょうか?

またラーメンとしてはサッパリ味なので、割と御年配の方達も行列に並んでいますね。子供連れの家族から、老夫婦まで幅広い層に愛されているようです。

この分厚い客層が「八王子ラーメン」を支えるチカラになっているのでしょう。

八王子ラーメンの代表格『吾衛門』の中華そばを食す!

そんな訳で『吾衛門』の『中華そば』(500円)をオーダーしてみました。基本、盛ってナンボの筆者ですが、今回は

「より幅広い層に八王子ラーメンの良さを知って欲しい!」

と言う趣旨なので、とにかくひたすらベーシックスタンダードを貫く所存で御座います。どんだけチャーシューが美味しそうでも筆者のオーダーは不変です。

麺も「堅め」などのオーダーが出来る店もありますが、とにかく基本を重視して茹で加減もノーマルとします。

それが筆者の「八王子ラーメン」に対するリスペクトです。

ちなみに基本のラーメンはラーメンではなく『中華そば』と呼ぶ店が多いのも、ある意味「八王子ラーメン」の特徴かもしれません。
確かに、あっさり味なのでラーメンよりは『中華そば』と呼んだ方が、しっくりくる気がしますね。

『吾衛門』も卓上には各種調味料があるのですが、珍しいところでは「スープダレ」があります。これを使えば濃い目に出来るので、使うか使わないかは別にして、あった方が幸せになれる予感です。

『吾衛門』のスープが恐ろしく旨い件

そして実食! 当然、ココはスープからです。

ん!

コレは想像以上に美味しいと言うか、期待以上のスープですな!

『吾衛門』はスープに豚骨も使っているらしいのですが、全然「豚骨臭さ」がありません。しっかり下処理をした豚骨を使って、丁寧にスープを取っているのでしょう。

他には魚介系、いわゆる「節系」(かつお節など)の香りが良いです。しかも「節系」独特のエグさがない。

ケチって少ない材料をガッツリ煮込むと、どうしても苦味と言うか独特のエグさが出ます。
逆に、大量の「かつお節」やら「煮干し」を使って、丁寧に出汁を取ると美味しい「節系スープ」になります。

調べてみると『吾衛門』では、「鰹節」(宗田節)の他にも「鯖節」「煮干し」を使って出汁を取っている模様。

「節系」は原価が安くはないので、どうしてもケチりたくなるものです。しかも、どうせ鶏ガラや豚骨と合わせるならと思ってしまうもの…

そこら辺を妥協せず、丁寧に仕込んだスープである事は間違いないでしょう。この超絶旨いスープが『吾衛門』の人気の秘密と言えます。

八王子ラーメンと言えばタマネギである

この絶品スープにアクセントを加える「タマネギ」の存在も重要です。これが無ければ「八王子ラーメン」とは呼べません。

『吾衛門』のタマネギは、結構ランダムな大きさの微塵切りですが、逆にそれがアクセントになっていて、タマネギの存在をより大きなものにしています。

調べてみると、なんと

「わざとタマネギの大きさを変えている」

との事… 恐るべし『吾衛門』。

チャーシューも手抜き無し!

500円の『中華そば』ですが、チャーシューも入っています。その味も文句なしの出来栄えです。

部位としては腿肉でしょうか?

しかし、味わいは限りなく「肩ロース」な気もするので、ここは「グーグル先生」に答えを聞いてみました。

色々と調べてみると、やはり『吾衛門』は「肩ロース」のようですね。でも、脂身の少ない肩ロースなので、パッと見た感じは「腿肉」と間違えても仕方ないかもです。

どちらにしても、この『吾衛門』のチャーシューが美味しい事は間違いありません。これなら『チャーシュー麺』を頼んでガッカリする事は絶対にないでしょう。

いや、むしろ筆者は『チャーシュー麺』をオーダーしなかった事を激しく後悔したと言っておきましょう。

麺は赤池製麺の麺を使用

麺は「八王子ラーメン」の基本とも言える「ストレートの細麺」です。

細麺にしては加水率が低めな気がしますが、独特のコシと弾力がある力強い麺で、個人的には好きなタイプですね。

八王子に店を構えているのに、わざわざ相模原市の製麺所の麺を使っているのですから、きっと色々な製麺所の麺を試して、この麺にたどり着いたのでしょう。

ちなみに「八王子ラーメン」はストレートの細麺が主流ですが、どの店も結構「麺の量」があるので、物足りない感はありません。

吾衛門『中華そば』 総評

筆者はそこそこ「八王子ラーメン」を食べ歩いたのですが、個人的に一番好きなのは『吾衛門』ですね。

スープも良いのですが、特に「麺」が筆者のツボにはまりました。どちらかと言うとラーメンは「太麵派」の筆者ですが、この『吾衛門』の麺なら細麺も悪くないと思えます。

細麺だと、どうしてもコシや弾力は太麺に比べて弱く思えるのですが、この『吾衛門』は別格です。

いや~、この『吾衛門』のラーメンなら行列も納得って思った次第です。

正直、筆者も最初は「八王子ラーメン」をなめていたのですが、この『吾衛門』のラーメンを食べて、本気で「八王子ラーメン」と向き合う決意を固めました。

実際に「八王子ラーメン」と言うジャンルを抜きにしても、ここまで美味しいラーメンには、なかなか巡り会えないでしょう。

そんな訳で、筆者的にマイブームな「八王子ラーメン」ですが、その中でも確実にトップクラスの『吾衛門』に是非、みなさんも訪れてみて下さい。

『吾衛門』

住所:東京都八王子市千人町3-3-3

営業時間:11:00~17:00

定休日:日曜祝日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP