ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「自分だけの世界を思う存分吐き出して!」妄想専門『セルフSNS』がオープン

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)と言えば、『mixi』などのように、参加者同士が共通の趣味やコミュニティを通じてコミュニケーションの輪を広げるもの。ところが、この既成概念を打ち破る全く新しいタイプのSNSが登場だ。4月13日にリリースされた『セルフSNS』は一人遊び専用、妄想専門のSNS。運営者である『妄想管理委員会』によると「誰も解ってくれない自分だけの世界を、思う存分吐き出してください!」とのこと。いったいどんなSNSなのだろうか?

『セルフSNS』は、他者とのつながりを強要せず、コミュニケーションを取るのが下手な人、妄想癖のある人、一人遊びが上手な人などが、ごく個人的な思いをウェブ上に吐き出しながら「参加者同士で共感したり反目したりしながらユーザー個人を見つめていくサービス」だという。

サイト内のコンテンツには、「宝クジで3億円当たったら……」「助け合い! 妄想の実現の協力者募集コミュ」「妄想中に匂いを再現できますか?」などのコミュニティや、「夜寝る前にする妄想」「50年後を妄想しよう」「好きな作家陣で雑誌創刊」などの妄想日記企画があり、今後も定期的にイベント開催が予定されている。

ちなみに『妄想管理委員会』は、現実と虚構の狭間で活動する妄想活動団体で、『セルフSNS』運営にあたり結成された。主な活動内容は「各委員の脳内で活発に行われているため、そのすべてがボンヤリした霧に包まれている」そうだ。携帯電話、モバイル端末からのアクセスも可能。参加すれば、いつでもどこでも妄想ライフが展開できそうだ。登録無料(このニュースの元記事はこちら)。

■『セルフSNS』
http://self.dj ※携帯からアクセス可能

■関連ニュースはこちら
彼女ができたのは真っ赤な嘘だった! 永上裕之容疑者を立件へ
モテたことがない非モテの神に彼女誕生!『非モテSNS』は閉鎖へ
【非モテSNS】傷をなめあう「非モテ」130人の熱い夜
260人が集まる巨大オフ会開催 「非モテオフとは品位が違う」

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。