ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビルボード国内洋楽チャートも“ワイスピ”ウィズ・カリファが2週連続首位、来日中のテイラーも3位に浮上

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週のBillboard JAPAN 国内洋楽チャート“Hot Overseas”は先週に続きウィズ・カリファ feat.チャーリー・プース「シー・ユー・アゲイン」が首位をマークした。

 4月17日から日本でも公開されている映画『ワイルド・スピード スカイミッション』に起用された本楽曲。映画も北米での映画興行収入が2千万ドルを目前に控え、全米チャート“Billboard Hot100”でも3週目のNo.1を記録中。日本でも公開から話題を呼び、デジタルダウンロードと、エアプレイが突出してポイントを積み上げている。

 2位も先週から変わらずカーリー・レイ・ジェプセン「アイ・リアリー・ライク・ユー」が好位置をキープ。9週連続チャートインしている中で、すべてTop10内を維持しており、こちらは先日からのプロモーション来日が功を奏しているようだ。3位は現在来日中のテイラー・スウィフト「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!」。日本から始まるワールドツアーの初日が昨日行われたばかり。次週もこの効果で上位チャートインが予想される。

 10位にはアラバマ・シェイクス「ドント・ワナ・ファイト」が初登場。アラバマ・シェイクスは2012年のデビュー・アルバムが全世界で100万枚以上を売り上げた米国出身R&Bバンド。4月22日にリリースされたばかりの2ndアルバム『サウンド&カラー』のヒットを受けたもので、アルバムは全米アルバムチャート“The Billboard 200”で初登場首位を獲得。

 また、先週19位から12位へと順位をあげていたサム・スミス「ステイ・ウィズ・ミー~そばにいてほしい」。こちらも来日直前で盛り上がりを見せていたが、本人の喉の不調のため、5月7日と8日に東京・新木場スタジオコーストにて予定されていた公演はキャンセルとなった。体調を戻して来日公演でその素晴らしい歌声を聴かせてほしい。

関連記事リンク(外部サイト)

5月11日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート“Hot Overseas”
Album Review:パッション・ピット 更なる飛躍を感じさせる通算3作目『キンドレッド』、温かみに満ちたポップ・サウンドと情緒的なメロディの数々
マムフォード&サンズ、新作3rdアルバムがいよいよ5/6リリース くるり岸田も「高揚感と言う名の花が満開」と絶賛

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP