ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『奇跡のひと マリーとマルグリット』出演のアリアーナ・リヴォアール来日中に見せるキュートな素顔

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 映画『奇跡のひと マリーとマルグリット』で主演のマリーを演じるアリアーナ・リヴォアールが来日した。

 本作は、不治の病を抱え、近づく死の気配を感じながら日々を過ごす修道女マルグリットが、生まれつき目も耳も不自由な少女マリーを一目見たときから、彼女が放つ強い魂の輝きに導かれ、どう猛で野生児のようなマリーに限られた時間のなかで「世界」を与えようと奮闘する物語。三重苦の少女マリーを演じるアリアーナは自身も聴覚にハンディキャップを持ち、その体当たりの演技がジャン=ピエール・アメリス監督によって見出された。

 スリムなブラックジーンズに革のライダースジャケット。映画のイメージとはあまりにもかけ離れた姿で来日した20歳のアリアーナは、初めての日本に対し好奇心でいっぱいだ。来日初日のディナーで訪れた寿司屋では、細い体に似合わない旺盛な食欲を発揮したり、あら汁に入っている魚の目に驚いたりと大満足だったようで、また二日目には記者会見の会場近くでゴジラの像を発見して大喜びし、色んな素顔を見せ小さな体でパワフルに活動する彼女の姿はとても魅力的だったと関係者も笑みを浮かべた。本作は6月6日よりシネスイッチ銀座ほかで順次公開される。

◎公開情報『奇跡のひと マリーとマルグリット』
2015年6月6日よりシネスイッチ銀座ほか全国順次公開
監督・脚本:ジャン=ピエール・アメリス
出演:イザベル・カレ、アリアーナ・リヴォアール

関連記事リンク(外部サイト)

BRAHMAN 映画『ブラフマン』主題歌リリース決定
テイラー・スウィフト、ガンと闘う少女(12)の願い叶える
有村架純「また大きな一歩を踏めた作品」 主演作公開初日に感謝の言葉

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP