ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

都心の夜空にハレルヤが響き渡る、LFJ2015いよいよ開幕

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本最大級のクラシック音楽祭【ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2015】の前夜祭が、5月1日 東京国際フォーラムで開催された。

 本イベントはフランス・ナントで誕生したクラシック音楽祭。日本では2005年からスタートし、東京国際フォーラムを中心に丸の内や大手町など複数の会場で有料・無料のコンサートが開催される。前夜祭は「みんなでハレルヤ」と題し、指揮者の曽我大介と事前にホームページで募集された約1500人もの一般参加者によってヘンデルのメサイアより「ハレルヤ・コーラス」が演奏された。

 息のぴったり合った迫力ある演奏に、今年のアンバサダーである辰巳琢郎も「僕も思わず歌ってしまいました。参加して良かった!」と興奮気味。今夜限りで結成されたオーケストラと合唱の名演に、思わず足を止めた観客も多く、「もう一度歌いたい!」という声が多くあがり、再び有楽町の夜空にハレルヤの歌声が響き渡った。曽我は「ハレルヤを選んだだけあって、お天気に恵まれました。」と会場を沸かせ、屋台で美味しいものを食べて、ビールを飲みながら美しい音楽を楽しんでほしいと締めくくった。

◎開催概要『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2015』
テーマ:PASSIONS(パシオン)恋と祈りといのちの音楽
日程:2015年5月2日(土)~4日(月祝)
会場:東京国際フォーラム、よみうりホール、大手町・丸の内・有楽町エリア
主催:東京国際フォーラム

関連記事リンク(外部サイト)

【ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2014】総力レポート
来日60周年のウィーン少年合唱団、「手拍子や足拍子で楽しんで」
オブザーバー紙「想像を超える舞台」、ボーンによる『眠れる森の美女』が日本で劇場公開決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP