ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チャレンジングな72歳・加藤茶に脱帽! 「人工授精に挑戦してみようかと思って」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

嫁にがんじがらめにされているとかいないとか。最近カラダがヤバそうだとか。なんだかんだと言われているカトちゃんだが、つい最近も仰天の告白をしていた。

それは4月27日放送の「ごきげんよう」(フジテレビ系)でのこと。この日のゲストはデヴィ夫人とカトちゃん。デヴィ夫人が今までの人生で一番嬉しかったことを「娘が生まれたこと」だと話していると、カトちゃんが「僕も子どもが欲しいんですよ」と。
小堺一機はサラっと返してしまったが

そして続けて「でも、できないんですよ」とも。司会の小堺一機が「何でできない?」と真昼間の番組だということを十分考慮して問いかけると、「何でって…」とモジモジしだしたカトちゃん。

凄いことをあっさりと言ってしまえるデヴィ夫人はそこですかさず「人工授精したら?」と言い放った。しかしこの投げかけに、カトちゃん、まさかの「ですよね。人工授精、挑戦してみようかと思って」!!!

展開が予想を上回ると人は黙ってしまうのか、観覧席からも驚きの声は聞こえてこない。小堺なんか「ほんとですか。可愛がっちゃいそうですねー」で精一杯だった。サラっと返し過ぎて逆に不自然である。

「えぇー!マ、マジですか!?」とか「凄いですね!さすがレジェンド!」ってもっと驚くべきだ。この人は常々、ゲストの発言をサラっと返してあっさり流してしまいがち。気を使い過ぎなのである。せっかくカトちゃんが告白した人工授精についてのトークが広がらないじゃないか。
74歳で次女をもうけた人もいる

しかしいくら現在は不可能が可能になり得る時代といえ、カトちゃんは72歳なのである。72歳で人工授精って、どうなのか? 可能なのか? 大丈夫なのか? つい最近まで「カトちゃん、ボケちゃった?」とか心配されていたのに、信じられないチャレンジング具合である。

72歳でパパ、とは無謀な気がしないでもないが、実は過去に前例がある。2011年に40歳の年の差できちゃった婚を果たした日興コーディアルグループの元会長・金子昌資氏だ。自然妊娠かその他の方法での妊娠かは定かでないが、とにかく72歳でもパパになれることを証明した人物である。

金子氏のほか、有名人では市村正親が63歳、三田村邦彦が61歳、石田純一と郷ひろみが58歳でパパになっている。ちなみに芸能界での最高齢パパは歌舞伎俳優の故中村富十郎さんで、74歳で次女をもうけている。凄い。

だから、カトちゃんもわからない。「加藤茶、73歳でパパ! あんたも好きねぇ」というニュースが飛び交う日が来るかもしれない。「子どもが生まれた時に自分が生きているかが問題」と笑っているが、頑張ってほしい。
カトちゃんへの母性愛が感じられる綾菜さん

ところで、ネットや一部週刊紙などでいろいろ悪く言われることもある妻・綾菜さんだが、個人的には悪く思わない。喋る広島弁がキツく聞こえることもあるし、45歳の年齢差がある分、どうしたってノリや交友関係に違いがあるが、カトちゃんに対する母性愛のようなものは素直に感じ取れるのである。

子どもが欲しいというカトちゃんの思いについて「子どもを作ることで自分の死後に妻が再婚するのをできるだけ阻止しようというカトちゃんの独占欲なのではないか」という意地悪な意見も私のまわりにあったが、アホかと思った。

すでに綾菜さんはあの「加藤茶」と、周りに何と言われようが「45歳年の差婚」を果たした女性である。もし再婚するにしても、彼女に子どもがいようがいまいがそんなことはもはや関係ない。「加藤茶の後妻」を妻にする男性には。(文:みゆくらけん)

あわせてよみたい:河北麻友子が断言「結婚してうまくいくのは…」
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP