体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「うるさい選挙カーがなくならない理由」候補が選挙カー不使用宣言しても票には結びつかない

The Japan Timesウェブサイトより

「選挙カー使わない」ネットで賞賛されるが票には結びつかないという事実

「選挙カーを使いません」とブログで宣言し一躍話題になった山下たけおり元候補(千代田区議選)と選挙後お茶する機会があり、「選挙カー使わずに選挙戦やってみて、どうでした?
ときいてみました。

そしたら、山下さん
「選挙カーがないと、選挙に勝つのは難しい」
と感じたそうです。

実に率直な感想だと思いますが、「やっぱりそうなのか」とかなり衝撃を受けました。次の選挙では選挙カーを使うことも考えているとか。

統一地方選後半、ネットでは山下候補の選挙カー不使用の話題でもちきりといってもいい状態で、実際「選挙カーを使っている候補には投票しない」という声も多くみかけました。しかし選挙に勝ったのは選挙カーを使っていた候補たちであり、選挙カーを使わないと宣言し日本のみならず世界でも注目された候補は負けてしまいました。

僕も初めて区議選というものを経験しましたが、街頭演説や選挙カーの「現時点における」重要さというものを実感しました。選挙後お茶したその場に同じく千代田区議選に出ていた青木竜馬さんもいまして、自転車や徒歩で選挙を戦ったのですが、やはりすごく大変だったということです。(山下さん、青木さん、そして私は今回千代田区議選に出たのですが当選できませんでした)

ネットで有名な選挙カー使わない人というと、神田敏晶さんですが、今回練馬区で区議選に出ておられました。神田さんは昔から選挙カーを使わない選挙運動をやっているのですが、今回の区議選でも残念な結果に終わってしまいました。

「選挙カーを使わない」というとネットでは賞賛されますが、実際のところ票には結びつかないようです。

僕も選挙戦前半は、街頭演説などをおこなっていませんでした。
ウェブサイトに考え方をきちんと掲載し、ネットでそれらを伝える努力をすれば、それでよいだろうという考え方でした。今考えると非常に驕った考え方なのですが、告示後選挙戦に入ったものの、ネットだけではまったく手応えを感じませんでした。もちろんネット経由で多くの反応はいただくのですが、千代田区の人がいない。その後街頭演説などもさせてもらい、実際に駅頭などに立ち止まり、スピーカーや選挙カーを使って、みなさんに考え方の訴えかけをおこないました。

今回の訴えは1つで「働いている人でも仕事を持ったまま地方議会に参加できるよう、平日昼間に開催されている地方議会のシステムを変更し、土日など休日や、平日夜間に議会を開催できるようにしましょう」というものでした。(土日夜間議会 http://donichiyakan.jp/ )

実際に街でこの考え方を直接話しかけるように説明していくと、興味を持って話をきいてくれる、というのがよくわかりました。「応援してます」と声をかけてくれたり「その考え方、いいと思う」と握手しにきてくれる人がいました。「実際に自分の考えをきいてもらい、納得してもらって票を入れてもらう」という体験は非常に貴重です。ほんとにほんとの民主主義の基本といいますか、原点の部分が体感できたような気がします。

1 2 3 4次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会