ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

専用ケースでスマホ充電も!新型ワイヤレスイヤホンがすごい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンで音楽を聴くとき、イヤホンのケーブルが邪魔だったりする。そこで重宝するのがワイヤレスのイヤホンだ。

このほど資金調達サイトに登場した「Nextear」は、高品質のサウンドを楽しめ、しかも専用ケースが充電器、モバイルバッテリー、データストレージ、LEDライトにもなるというスグレモノだ。

・ケースに入れるだけで充電

イヤホンはBluetoothでスマホと連携し、音楽をワイヤレスで楽しめる。重さはわずか5gで、連続4時間使用できる。

イヤホンの充電は、専用ケースに入れるだけ。ケースには1000ミリアンペアのバッテリーが内蔵されていて、イヤホンを4回フル充電できる。

また、このケースのバッテリーではスマホを充電することも可能だ。ライトニングコネクター、マイクロUSBがビルトインされているので、出先でスマホのバッテリーがピンチになったときのバックアップとして使える。

・16GBのストレージも

Nextearの機能はこれだけではない。ケースは、データストレージ(16GB)、LEDライトとしても使える。前述の通り、コネクター端子が付いているので、スマホのデータをNextearに保管するなどフラッシュメモリー代わりにもなる。

また、夜道を歩いていてライトが欲しいとき、ケースを懐中電灯として使うことも。ケースそのものの充電はビルトインされているUSBで行い、フル充電して携帯していれば何かと便利そうだ。

マルチなケースとイヤホンがセットになったこのNextear。Indiegogoではすでに目標額の5倍を集め、商品化はほぼ確実。今なら173ドルの出資で入手できる。

Nextear/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP