ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

京都にゾンビが襲来!? クールなダンスで暑さを吹き飛ばせ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

“和”のイメージが強い京都で、今月(2015年5月)16日(土)に“体感型ホラーダンスイベント”が開催される。

こちらは、京都府丹後地方を楽しむイベント『mix ひとびとtango 2015(ミクタン)』のラインナップの一つとして開催されるもので、京都府京丹後市のダンスユニット『シンクロニシティ』と市民ボランティアによる特殊メイクチーム『ゾンビ製作婦人会@TANGO』がタッグを組んで実施。

ダンスユニット『シンクロニシティ』の面々を、『ゾンビ製作婦人会@TANGO』が特殊メイクでゾンビにメイクアップ。マイケル・ジャクソンさながらのスリラーダンスを披露する。

『mix ひとびとtango 2015(ミクタン)』とは、2009年から開催されている「自由に丹後を歩いて、ひと・もの・自然・風景との出会いを楽しむ」イベントで、地元の食やワークショップを楽しむイベントが並ぶ中“体感型ホラーダンスイベント”はかなりの異彩を放っている。

イベント当日は一般参加者へ向けてのゾンビメイク体験(体験料金:2,000円)も予定されており、希望者はゾンビメイク姿でスリラーダンスのステージに一緒に参加することもできるという。

『mix ひとびとtango 2015(ミクタン)』は、今月16日(土)~18日(月)と23日(土)~25日(月)のそれぞれ3日間開催。

ゾンビメイクも楽しめる“体感型ホラーダンスイベント”は2015年5月16日(土)14時から21時まで。

ゾンビメイクは京都府京丹後市内にある『atelier shu(アトリエ・シュウ)』にて見学・体験が可能。ゾンビダンスは、同じく16日(土)15時から21時までオープンする同市内の『蔵舞Bar KURABUBar2015』となっている。

日本列島各地で季節外れの暑い日が続き、5月に入ったばかりというのにすでに夏日や真夏日をむかえた地域もあることが連日報道されている。

そんな、季節はずれの暑さにバテ気味という人も多いかと思うが、そんな時こそ思いっきりクールなスタイルでイベントを楽しんでみてはどうだろう?

■参照■
・mix ひとびとtango 2015(ミクタン) 公式サイト
http://mixtango.com/ [リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 北島 要子) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP