ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バッグの中で絡まる心配なし!自動巻つけの充電ケーブル「Roto」が便利そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンの充電に不可欠なケーブル。出先でもすぐに使えるよう、束ねてバッグなどに入れている人も多いだろう。

ケーブルそのものは特に重いわけでもないが、難点は絡まりやすいこと。そこで便利そうなのが、自動巻つけ機能があるケーブル「Roto」だ。

・収納もコンパクト!

Rotoはいったんケーブルを引っ張り出すとその長さでロックがかかり、ケーブルを収納したいときはもう一度ケーブルを少し引っ張るとシュルシュルと自動で巻かれるというもの。掃除機など家電製品のコードをイメージしてもらえばわかりやすいかと思う。

Rotoのケーブルはフラットで、絡みにくい形状になっている。また、使わないときは、ケーブルや端子部分を完全に収納でき、バッグの中に入れてもすっきりする。

・長さの調整も簡単

そのケーブルの長さは最長80センチで、必要に応じて使いたい長さに保てるというのもポイントだ。

例えば、PCにつないで充電しているときにコールがかかってきても、ケーブルをさっと引っ張って伸ばせ、コールが終わったらまた短くするといった操作が簡単にできる。

Rotoそのものの大きは5.5×4.2センチ、厚さ1.1センチ。重さもわずか29グラムとなっている。リングもついているのでキーホルダーなどにも取り付けられる。

現在、資金調達サイトIndiegogoで展開しているキャンペーンではAndroid端末用が15ドルから、iOS端末用が20ドルからとなっている。どちらも予定小売価格のほぼ半額となっているので、興味のある人は要チェックだ。

Roto/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP