ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「吉本は威力業務妨害での告訴など検討」 “反日疑惑” の8.6秒バズーカーの週刊文春記事が波紋

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

4月28日に発売された『週刊文春』5月7日・14日ゴールデンウィーク特大号。

ガジェット通信の
「オタキング岡田斗司夫 愛人リスト騒動で大学教授クビの金欠状態」と週刊文春が報じる
http://getnews.jp/archives/938270[リンク]
という記事でもお伝えした評論家の岡田斗司夫さんの記事や、現在”事務所独立騒動”で話題となっている能年玲奈さんの6ページにもわたる特集記事など、読み応えのある記事が目白押しとなっている。

中でも、現在ネット上で注目を集めているのが

反日疑惑 8.6秒バズーカーが「文春さんマジでお願いします!」

という記事で、『週刊文春Web』でも公開されている。
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/5067[リンク]

「♪ラッスンゴレライ~ラッスンゴレライ~」「ちょと待ってちょと待ってお兄さん~」。デビューから1年たたない内に大ブレイクを果たした吉本興業のお笑 い芸人「8.6秒バズーカー」。ネタ作り担当の田中シングル(24)と公称170cm、80kgながら“やせたらイケメン”と言われるはまやねん(24) のコンビは中学の同級生だ。下積み経験なしでのブレイクは異例だが、早くも大逆風にさらされている。

記事によれば「ラッスンゴレライ」なるネタで大ブレイクした吉本興業のお笑いコンビ『8.6秒バズーカー』だが、芸名やネタが「反日的だ」とネット上で炎上しているとのこと。

・『8.6秒』というコンビ名は広島に原爆が投下された8月6日を意図したもの
・ラッスンゴレライは原爆投下時のアメリカ側の合図と同音
・決めポーズが広島の原爆の子の像や長崎の平和祈念像に似ている

というウワサがあり、収拾がつかない状態だという。一時期「落寸号令雷」なる言葉がネット上に踊っていたわけであるが。

本人たちは

「マジでお願いします! 文春さんの記事でちゃんと本当のことを書いてください。もうめちゃめちゃですよ」

と、上記のウワサについては否定。

一方で、ネット上にはかつてメンバーが『Twitter』で

もう日本オワタ。中国と韓国とロシアに一気に攻め込まれる(笑)植民地ぷぎゃあ

とツイートしていたのではないか? という疑惑も根強いのだが、そのことに関しては今回の記事では触れられていない。

また、記事中には

吉本は現在、威力業務妨害での告訴など、様々な手段を検討しているという。

という一文があり、かなり波紋を呼んでいるようだ。

今回の記事で”反日疑惑”が払拭され炎上は収束するのか、それとも新たな燃料投下となったのか、果たして……。

※画像は『週刊文春Web』より引用

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP