ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソプラノ幸田浩子の7thアルバム『スマイル -母を想う-』ビルボードクラシックチャート初登場第1位

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、ソプラノ幸田浩子がリリースしたニューアルバム『スマイル -母を想う-』が初登場で1位を獲得。

 チャップリンの「スマイル」をはじめ、ブラームス、モーツァルト、シューベルトの子守歌、賛美歌、歌曲、ミュージカルナンバーなどを収録。心の母である音楽へ寄せる想いを歌い上げる内容となっている。NHK「ららら♪クラシック」リクエスト特集では幸田浩子が歌うラフマニノフの『ヴォカリーズ』第1位になるなど、ますますの注目が期待される。2015年5月8日にはビルボードクラシックスによる幸田浩子のソプラノリサイタルが開催予定。  

 第2位は海上自衛隊東京音楽隊3等海曹 三宅由佳莉によるセカンド・アルバム『希望~Songs for Tomorrow』。今週で7週連続のチャートインを記録した。前を向いて歩んでいくための「希望」をテーマに、誰もが知る名曲をセレクト。また三宅3曹自身が初の作詞に挑戦したことでも話題になった。4月14日にはTBSラジオに生出演し演奏を披露。5月以降は栃木、山梨、滋賀などでコンサートを控え、ますますその活躍が注目される。

 第3位はの冨田勲『月の光 ドビュッシーによるメルヘンの世界』がチャートイン。アメリカRCAより1974年に発表し、全米ビルボードクラシカルチャートの1位を記録し、日本人として初めてのグラミー賞ノミネートなど、世界で空前の大ヒットによりイサオ・トミタの名を世界に知らしめた、シンセサイザーアルバム第一弾だ。冨田勲の往年の名作を決定版として再リリースする「TOMITA PROJECT」第2弾として『月の光』が登場した。続いてセカンドアルバム『展覧会の絵』リメイク、そして2015年には中期の傑作や秘蔵音源を収録した『スペース・ファンタジー』などが続々リリースされ、歴史的な作品群に再度注目が集まっている。

text:yokano

関連記事リンク(外部サイト)

5月4日付 Billboard JAPAN Top Classical Albums
八神純子、5月フルオーケストラ公演に向けてコメント発表 「想像しただけでぞくぞく」
来日60周年のウィーン少年合唱団、「手拍子や足拍子で楽しんで」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP