ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Album Review:サム・オック『GREY』“天使の歌声”を持つアーティストのマルチな才能が凝縮された新作

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 “天使の歌声”と称されるアーティストは少なくはないが、本当にその称号に値する人はそう多くはないだろう。最近だと、サム・スミスがその称号を得て世界中から高い評価を受けているが、コリアン・アメリカンのアーティスト、サム・オックも彼に並ぶほどの美しい歌声を持っている。その美声を持つサム・オックは、1年ぶりにリリースしたアルバム『GREY』で、彼の非凡な才能を改めて我々に示した。彼の作る音楽は美しく、柔らかく、聴き心地がとても良い。
 
 サム・オックは、アメリカ・メリーランド州在住の24歳。メリーランド大学でミュージック・テクノロジーを専攻するようになったのを機に、ソロ・アーティストとしての活動を開始。作詞、作曲、プロデュースまで自分で行い、歌はもちろんラップもこなすマルチな才能を持っている。Jazz、Rock、Hip Hopなど幅広い音楽に影響を受けている彼の作る音楽は、ジャンルで語ることができない。ただ、共通して言えることは“ポップ”であるということ。その人気は、アメリカ国内だけでなくアジアでも高いが、日本では彼の作り出すエモーショナルなメロディーで高い支持を得ている。また、あのももいろクローバーZが、2012年に横浜アリーナで行った公演のオープニングやエンディングで、サム・オックの楽曲を使用したこともある。

 アルバムは、美しいコーラスワークと壮大なメロディーの「Never Ending」からスタート。サビでは伸びのあるソフトな歌声全開で、彼の魅力が存分に発揮されている1曲だ。この曲は、FM宮崎、FM山口のパワープレイにも選ばれており、アルバムの押し曲の1つであろう。「Crown」と「Possible」の2曲には、女性シンガーのRuth Choがフィーチャリングされている。彼女は、サム・オックに負けず劣らずのスウィート・ボイスを持っており、ジャジーでメロウなサウンドの中で曲に華を添えている。アルバム終盤の「Make Me Smile」では、ラップでJ.Hanが参加しており、アップテンポで2stepのような軽快なトラックの上に、2人の掛け合いが絶妙にマッチし、思わず体が動いてしまう。

 また、日本盤にはボーナストラックとして、音楽レーベル“GOON TRAX”の日本人勢よるRemix曲が3曲収録されている。中でも、静岡県沼津出身のサウンドプロデュースユニットre:plusによる「Made for More」のRemixは、晴れた日に散歩しながら聞きたいような1曲。「Made for More」は、『GREY』に収録されている楽曲で、元々のジャジーで爽やかなサウンドは残しつつ、より柔らかな音色にRemixされている。是非、聴き比べていただきたい。

 サム・オックが創りだす音楽全体を通じて言えることは、“ポップでありソウルフル”であるということ。彼は、“美メロ”と呼ばれるメロディーを創りだすことができ、それは自身の持つ美声の魅力を最大限に活かすことができる。J-POPファンからコアな音楽ファンまで、1度彼の音楽を聴けばその魅力に心奪われるに違いない。5月8日からは、re:plusと共に名古屋、大阪、渋谷を周る来日ツアーがスタートする。そのパフォーマンスには期待せざる負えない。

text:中谷聡

関連記事リンク(外部サイト)

Album Review: Radicalfashion ピアノのさらなる可能性を示唆する未来派ミュージック
Album Review: エンリコ・シモネッティ 知る人ぞ知るイタリアの名手のロマンティシズム溢れるピアノ楽曲集
Album Review:痛ましくも美しい4年半ぶりの最新作でスフィアン・スティーヴンスが伝える自らの人生

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP