ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃事実】「官邸ドローン事件」と「黒子のバスケ脅迫事件」の逮捕者の服が一致! 麹シャツ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

単なる偶然なのか? 何かの合図なのか? 警察に着せられたのか? それとも話題を呼ぶためにわざと同じ服を着たのか? 「官邸ドローン事件」と「黒子のバスケ脅迫事件」の逮捕者の服が一致していることが判明した。

・逮捕者は左胸に「麹」と書かれたシャツ
「黒子のバスケ脅迫事件」は、2012年に発生した事件。人気漫画のイベントに対して脅迫状を郵送したり、お菓子に異物を混入したり、人を不安に陥れる出来事が逮捕されるまで続いた事件だ。そのとき、逮捕者は左胸に「麹」と書かれたシャツを着ていた。

・またまた左胸に「麹」と書かれたシャツ
「官邸ドローン事件」は、2015年4月に発生した事件。首相官邸に不振なドローンが不時着しており、そこから放射性物質が検出されたというもの。幸いなことに容疑者が逮捕されたが、その人物もまた、左胸に「麹」と書かれたシャツを着ていた。

・官邸ドローン事件の逮捕者が同様のシャツ
「麹」のロゴも同じだが、シャツの色もほぼ同じ。黒子のバスケ脅迫事件の逮捕者を真似て、今回の逮捕者が同様のシャツを着たのかも? しかし「黒子のバスケ脅迫事件」の逮捕者よりも殴り書きっぽいデザインになっている。

現在のところ「警察が着せたもの」というのが有力視されている。警察署ごとに所轄の住所の頭文字を記入したシャツを着せることがあるからだ。つまり双方の逮捕者は麹町警察署に関連していると予想される。

・偽物もあるらしい!?
ちなみにこの麹シャツ、なぜか普通に通販サイトで販売されている。元祖、旧バージョン、新バージョン、さらに偽物もあるらしいので、本物が欲しい人は要注意だ。


もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/04/27/koji/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP