ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヴェルサイユ宮殿で摘まれたお茶も♪ マリー・アントワネットの世界が味わえるアフタヌーンティー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外セレブも御用達のラグジュアリーホテル 「GRAND HYATT TOKYO」(六本木)。その中のフレンチレストラン「フレンチキッチン」でマリー・アントワネットをイメージした新メニューが登場しました!

マカロン、マシュマロ、カップケーキ、ストロベリーショートケーキ、フィンガーサンドイッチなどがセットになった「フレンチ アフタヌーンティー」(2,800円+税・サービス料)です。マリー・アントワネットが過去に食したといわれるペストリーも再現されています。

合わせていただける紅茶は、ヴェルサイユ宮殿の王の菜園から手で摘み取られた、新鮮なリンゴとバラを使った、ニナス(NINA’S)のオリジナル紅茶、その名も「マリー・アントワネット ティー」。白とピンクを基調としたメニューは、思わずかわいい~と声を上げてしまいそう♪ 絢爛豪華なヴェルサイユ宮殿にいるかのような気分にもなれそうです。

さらに、1名あたり400円(+税・サービス料)の追加料金を払えば、ロゼのグラスワインを楽しむこともできます。期間は2015年7月31日まで。

開放的なテラスでゆったりとした午後の時間を楽しむのもおすすめ。ぜひ、天気のいい日に出かけてみてくださいね♪

■グランド ハイアット 東京「フレンチ キッチン」
営業時間=14:30~17:30(※同メニュー提供時間)
TEL=03-4333-8781
住所=東京都港区六本木6-10-3

http://restaurants.tokyo.grand.hyatt.co.jp/french-kitchen-tokyo/news/afternoon-tea.html

※2015年7月31日(金)までの期間限定。「フレンチ キッチン」のテラス席およびバーエリア限定での提供。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP