ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia用「Music」アプリで変わったところを紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Xperia スマートフォン・タブレットの音楽プレイヤーアプリ「Walkman」は今後、「Music」にリニューアルされる予定なのですが、「Music」になってどう変わるのか、現行のベータ版を使ってその違いを紹介します。Walkman と Music はほぼ同じ機能・ UI を備えたアプリです。大きな違いといえば、現在のところは名前やブランドだけ。しかし、アプリはまだベータ版なので、今後どうなるのかはわかりませんが、おそらく、このまま正式にリリースされると思います。大きく変わったのは、まずはアイコンですね。Walkman アプリの「W.」アイコンから音符のアイコンに変わりました。次は、Now Playing 画面でしょう。音楽再生時アートワークが最大化、アルバムアートの色がシステムバーにも表示されるようになったので、再生中の印象が変わっています。ほかには、新機能となるスリープタイマーが追加。音楽再生中の画面から設定メニューを開いても、音質(サウンドエフェクト)は表示されなくなり、スライドメニューを開いて「設定」をタップすると表示されるメニューで操作することになります。アプリはまだベータ版なのですが、UI の大部分は日本語化されており、その表示にも問題はないようです。t さん、情報提供ありがとうございました!


(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、次期Gearスマートウォッチ用Gear SDK提供プログラムのWEBページを公開
Xiaomiの新モデル「Mi 4i」は消しゴムでボディの油汚れw落とせる、ライトセンサーもリニアに反応して明るい場所でもディスプレイも見やすい
最新OS Android 5.1を搭載した「LG Watch Urbane」のデモ動画、新機能も確認できる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP