体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

AppleWatch開封の儀からバッテリーとりはずしまで

o14401920p

AappleWatchが届いたので開封の儀を・・・行おうとしたのだが最近はどのメディアでも開封の儀をやっていてつまらない。
今回は開封してそのまま裏蓋を開けて分解を試みた。
尚、私では分解できないだろうということでiPhone出張修理会社iRepaorsLab河合社長に協力を要請、さっそく開封、初期設定、分解レポートをお届けする。

※すべての画像は下記URLからご覧下さい。
http://rensai.jp/107984 [リンク]

開封の儀

o19201440p(7)

ヤマト運輸からVIP便で送られて来たAppleWatch。

o19201440p(6)

ダンボールをあけると白い箱が登場。

o19201440p(5)

ベルト、充電ケーブル、そして本体。

o19201440p(4)

どんどん開けていきましょう。

o14401920p(6)

本体(裏)。

o14401920p(5)

本体(表)。

初期設定の儀

o14401920p(4)

まずは電源をON。

o14401920p(3)

言語を聞かれるので日本語を選択。
iPhoneとのペアリング設定はAppleWatchアプリ側から行い、アプリをその際に同期するかを確認される。時計を付ける腕(左右)なども設定。

o07501334p o14401920p(1)

iPhone側の画面にもAppleWatchと同期中という設定中画面が表示される。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。