ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

申し込み殺到!携帯ショップのモバイルバッテリー貸し出しサービスが人気爆発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今や持っているのが当たり前となっているスマートフォン。通話、インターネット、音楽とさまざまな活用法があるが、悩みの種はバッテリーの減りが早いこと。

そこで、重宝するのが出先で端末を充電できるモバイルバッテリー。そのモバイルバッテリーを携帯電話ショップで借りられるサービスが今月イギリスで始まった。開始から4日間で利用申し込みが100万件超と爆発的人気を博している。

・好きなだけ利用できる!

サービスを展開しているのは、イギリスの通信キャリアEE。Power Barと呼ぶ、細長い筒状のモバイルバッテリーを同社の顧客に貸し出すというものだ。

ユーザーは出先で携帯端末のバッテリー残量が少なくなったらPower Barを使って充電し、“空”になったものをEEのショップに持ち込めば、フル充電されたものと交換してもらえる。

全国のEEショップでこのサービスを利用でき、そしてPower Barを壊していない限り何回でも交換できるという、なんとも嬉しいサービスなのだ。

ちなみに、Power Barの容量は2600ミリアンペア。自宅でも充電できるのでショップに行かずに“マイバッテリー”として使うことも可能だ。

・バッテリー本体を無料提供

このサービスを始めるにあたって、同社の通信サービス契約期間が3カ月以上で、その間に有料のコールやテキストメッセージを1回以上利用したことのある顧客を対象にPower Barを無料提供するとした。

すると、開始からわずか4日で100万件超の申し込みがあり、あっという間に在庫がなくなった。その後も申し込みは後を絶たず、現在急ピッチで補充を進めているという。

一言で言えば、このサービスは顧客囲い込みのためのものだが、客にとっても“おいしい”、まさにwin-winのサービスといえる。

キャリア間の競争は、料金や通信速度・エリアにフォーカスされがちだが、ユーザーの利便性も大きな要素。かゆいところに手が届くこんなサービス、ぜひ日本でも!

EE

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP