ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いつでも適温の1杯を!ヒーター内蔵のマグカップ「Nano」が便利!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デスクワークをしながらコーヒーを飲む人は多いだろう。おいしい1杯は息抜きや気分転換、眠気覚ましにうってつけだ。

だが、コーヒーをいれた途端に急用が入ったりして、ほっと一息ついた頃にはもうぬるくなっていた…そんな経験誰にでもあるだろう。

そんな人にオススメなのが、資金調達サイトKickstarterでキャンペーンを展開中のコーヒーマグ「Nano heated mug」。ヒーターでコーヒーを温かく保ち、淹れたてのおいしさを長く味わえるというものだ。

・理想温度を45分間維持

保温機能のあるタンブラーと異なり、Nanoは充電して使う。ヒーターやセンサーが内蔵されていて、コーヒーを注ぐと自動的に温度を63〜68度に45分間保つ設計になっている。

また、保温機能のオンオフスイッチに加え、バッテリー消耗に配慮して30分で保温が切れるタイマーもついている。

・フル充電で7回使用可能

容量は472ml。コーヒー好きなら立て続けに2、3杯飲むことがあると思うが、フル充電しておけば7回連続で使用できる。

充電はUSBケーブルか専用のワイヤレス充電パッドで。マグの使用後はもちろん普通に水洗いできる。

気になるお値段はというと、予定小売価格39.99ドルのところ、Kickstarterキャンペーン(5月2日まで)では34ドルの出資で入手できる。デスクワークの多いコーヒー好きの人にプレゼントすると喜ばれるかも?

Nano heated mug/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP